クジラモバイル

セミナー(説明会)開催予定

新宿新規セミナー

内容
◯グランドオープンの詳細
◯新Cコース「クジラオンデマンド」の詳細解説
など盛りだくさんの内容となっております。

 

日時:5月27日(月)18:30開場 スタート19:00〜終了21:00
研修主催:一般財団法人日本IOT協会
講師:金家氏(認定講師)
対象:事前予約者とその招待者のみ
参加費:500円
定員:79名
場所:〒160-0022 東京都新宿区新宿5-6-2 神谷ビル2F
https://goo.gl/maps/99PkXqEEUT1HEVsk6

 

参加申し込みはこちら
https://forms.gle/6QESNrDSujnZxMDCA

沖縄新規セミナー

主催:一般財団法人日本IOT協会
会場案内名:クジラサービス
日時:5月23日(木)18:30開場 19:00〜21:00
講師:金家講師
対象:会員および新規
参加費:無料
定員:22名場所:てんぷす那覇
沖縄県那覇市牧志3丁目2番10号3F 第一会議室
https://goo.gl/maps/hy2Ttg7pz9WGvEfo8

動物で一番通信距離が長いクジラ

新しく登場したクジラモバイル。(2019年6月1日正式スタート )
このクジラモバイルは、どのような特徴を持ったサービスなのでしょうか?
クジラモバイルの名前の由来や、その料金体系、端末の特徴、そして他社との比較などを詳しく説明していきます。

クジラモバイル(準協会員Bコース)

準協会員Bコースは月額5,400円(税別)、初月のみ事務手数料3,000円(税別)が必要です。

特典としてモバイル端末が無期限貸与されます。

 

クジラモバイル(準協会員Bコース)は、最近増えている格安SIMとは異なる通信回線です。
キャリアの回線をレンタルしているので、通話品質も安心です。

 

主催会社は一般財団法人の日本IOT協会で、スマートフォンだけではなく多角的なサービスの展開も予定しています。

 

クジラモバイル徹底解説|携帯電話の料金プラン、代理店募集の説明会やセミナー、報酬プランについて

 

なぜ、クジラモバイルという名前が名付けられたのかといえば、それはクジラが動物の中でも最も通信距離が長いからです。
そのクジラにあやかった名前、ということです。

 

クジラは、海中にあるサウンドチャンネルという層を使って、意思の疎通をしています。
この層を使うことで、最長6000キロ離れた相手との通信が可能といわれています。
これは、大体南極からハワイまでの距離に匹敵します。

 

クジラというのは、耳に海水が入っていかないようにとその穴をふさいでいるので、音声以外の手段が必要となったことからこのように音波の送受信をするようになりました。
クジラモバイルでは、遠くまで安定して電波が届くことを象徴して、クジラをモチーフとしているのです。

 

料金体系は?

クジラモバイル(準協会員Bコース)

準協会員にレンタル、準協会費は月額5,400円
24時間使い放題で、データ20ギガ

クジラモバイル(準協会員Bコース)の料金体系は、非常にシンプルです。
SIMカードだけの利用であれば、24時間かけ放題通話プランと20Gデータプランのセットで、税別5,400円という1プランのみとなっています。

 

また、新規登録費用については、SIM月額利用料の5,400円に加えてSIM開通事務手数料3,000円が必要なので、初回は税別で合計8,400円が必要となります。
ただし、SIMカードとセットで購入する場合に限り、京セラのDIGNO Jというスマートフォンを税別価格9,100円で購入することができます。
この料金は分割ではなく、一括のみとなっています。

 

京セラのDIGNO Jは、価格ドットコムに掲載されている価格は税別30,720円となっているので、それよりも21,620円安く購入することができます。
新たにスマートフォンを買って契約する場合は、通常よりもかなり安くなります。

 

決済方法は、すべてオンラインでのカード決済で行います。
登録できるのは20歳以上の人となっています。
また、個人での複数契約はできません。

 

契約は3年縛りとなっているので、3年以内に解約した場合は違約金が発生するという点には注意が必要です。
また、MNPは対応していないので、新規契約だけとなっています。

 

通話し放題、データ定額なので、月額利用料は5,400円だけです。

 

ちなみに、ソフトバンクで同様の契約をした場合は、24時間通話定額プラス20GBプランで毎月9,000円となっているため、同じ回線でも3,600円の割引となっています。
大手キャリアの他2社での料金も、やはり9,000円以上になるので、かなり割引となることがわかるでしょう。

 

クジラモバイルの解約条件

端末違約金は初年度のみ9,100円、3年以内のBコースの解約は違約金が発生します。
1〜12ヶ月目までの解約違約金は9,100円(端末違約金)+9,500円(解約違約金)=18,600円
13〜36ヶ月目までの解約違約金は9,500円(解約違約金)です。
37ヶ月目以降の解約に関しては自由です。

 

1〜12ヶ月目 13〜36ヶ月目 37か月目以降

端末違約金

9,100円

なし

なし

解約違約金

9500円

9,500円

なし

合計

18,600円

9,500円

なし

 

端末DIGNO Jの特徴

クジラモバイルで販売している、京セラ製の高性能端末である端末DIGNO Jの特徴について説明します。
使いやすいという評判の機種ですが、それだけではありません。

 

DIGNO Jは、約5.0インチのフルHDディスプレイなので、大きすぎず持ち歩きやすいサイズです。
カメラ機能はおよそ1300万画素なので、十分にきれいですね。

 

通信速度は下り最大112.5Mbpsまで対応しているので、高速通信もばっちりです。
バッテリー容量は2600mAhと十分な容量を持ち、高品質通話のVoLTEにも対応しています。

 

便利機能として、デイリーステップという万歩計機能がついています。
ただの万歩計ではなく、歩数以外に移動距離や消費カロリーなども一目で確認でき、目標の設定や履歴の表示も可能なので、健康管理に大変役立つでしょう。

 

そして最大の特徴が、耐画面割れ・耐衝撃・防水・防塵対応という点です。
スマートフォンの画面は強化ガラスを使っていることが多いのですが、さらにその上にアクリルスクリーンを貼り付けることで、画面が割れにくくなっています。

 

耐衝撃については、MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Wというアメリカの国防総省が制定した規格に準拠して、高さ1.22mから合板へと製品を26方向で落下させる試験を実施して、その証明としています。

 

防水・防塵性能は、国際電気標準会議や日本工業規格によって定められた等級では、防水がIPX5/IPX7で、水を浴びても有害な影響が出ず、また水中に落ちても一時的であれば問題はない、と認められています。
防塵はIP5Xとなっていて、機能に影響しない防塵性能があることが認められています。

 

この中で、やはり重要なのは耐画面割れ・耐衝撃でしょう。
スマートフォンを落としたことはありませんか?
胸ポケットに入れたまま前かがみになってしまい落としてしまうことや、車から降りる時にうっかり落としてしまうこと、テーブルの上に置いておき手がぶつかって落とすことなどは時折あると思います。

 

スマートフォンはガラケーとは違い、画面がむき出しで全面が画面となっているので、底に衝撃を受けると割れることが多いのです。
特に、落とした先がアスファルトや石床など、堅い所ならなおさらでしょう。

 

割れるまではいかなくても、画面に傷がつくことや、衝撃で画面の一部が反応しにくくなったりすることもあります。
どうしても、ガラケーより大きくなった分落としやすくなっているとは思います。
だからこそ、落としたときに備えて耐画面割れ・耐衝撃という点が重要となります。

 

また、防水がしっかりとしているので、手が濡れていても操作が可能です。
だからキッチンでも使いやすいので、レシピを見ながら調理をする場合も便利ですし、調理中に動画を見るのも安心して使用できます。

 

他社との比較

先ほど、料金について3大キャリアとの比較をしてみましたが、もう少し詳しく比較していきます。
格安SIMとの比較も同時にしておきましょう。

 

まず、クジラモバイル(準協会員Bコース)はそもそも格安SIMではありません。
格安SIMというと、月々の使用料が数百円からで、通話も可能にした場合で2,000円以下というところが多いのですが、クジラモバイル(準協会員Bコース)はそれよりは高い価格帯となっています。

 

ただし、格安SIMには基本的にフルのかけ放題プランがなく、また通信料の追加も高額なことが多いのです。
クジラモバイル(準協会員Bコース)では24時間かけ放題で、通信も20ギガと大容量なので、その違いが大きいでしょう。

 

中には、「20ギガも必要か?」と思う人もいるかもしれませんが、最近はコンテンツの大容量化も進み、動画などを目にする機会も増えています。
Wi-Fiが使える環境にいる場合はともかく、そうでない場合は意外と大容量の通信が行われることが多いでしょう。

 

もう一つの大きな特徴として、クジラモバイルはクジラサービスという総合的なサービスのなかの1つです。
クジラサービスは、クジラモバイルを始め、クジラ光やクジラ電気、クジラガス、クジラセキュリティなどのサービスをまとめたものです。

ただし、これらのサービスは順次取り扱いを開始することとなっているため、今のところは開始時期が未定となっています。

 

3大キャリアの場合、新規加入者を増やすために最初だけ料金を割引いて、その後少しずつ料金を高くしていくという方法を取っていますが、クジラモバイルでは最初から最後まで同じ料金でのサービス提供となるので、気が付いたら料金が上がっていた、ということもなく安心して使うことができます。

 

クジラモバイルは、料金は安い方がいいけれど格安SIMだと不満がある、という層に向けた新しい選択肢にもなります。
これからスマートフォンを持つ人も、現在の料金を安くしたい人も、クジラモバイルに変更することを考えてみませんか?

 

まとめ

クジラモバイルは、動物の中でもっとも長い通信距離を持つクジラをモチーフにしたサービスです。
わかりやすい料金プランが特徴で、格安SIMとはまた異なるため、現在の3大キャリアと格安SIMの中間にあたる料金層として第3の選択肢になるといえるでしょう。
また、キャリア回線を利用しているので、通信品質も安心です。
今後のスマートフォン回線の選択肢として、検討してみてはいかがでしょうか?

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ご紹介者様がいない方はこちら

クジラモバイル、クジラヒカリ、クジラオンデマンド等、全てのサービスにおいて、上記のボタンからのお申込みになります。(準協会員)
※ご紹介者様がいる場合には、必ずご紹介者様からお申込みをしてください。
上記より準協会員へお申込みで、正協会員にグレードアップをご希望の方は、以下のLINE@よりご連絡をお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

情報LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40mom4006f