クジラモバイル

クジラモバイルに関して、詳しい内容を知りたい方は、クジラモバイル情報LINE@から、お願い致します。
↓ ↓
クジラモバイル情報LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40mom4006f

 

セミナー(説明会)開催予定

4月23日(火)19:30〜21:00 新宿 新規説明会

新宿三丁目駅より徒歩3分、新宿駅から徒歩7分。
最大30名 会場費:500円 
※参加申し込み必須(お名前の無い方は入れません)

 

申し込みフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/6d6d53d9167735
クジラモバイル徹底解説|携帯電話の料金プラン、代理店募集の説明会やセミナー、報酬プランについて

 

東京都新宿区新宿5丁目11-13 博雅ビル4F 403号室
1、新宿三丁目駅 E2出口をエレベーターにて1Fに上がってください。
2、ビルを出て左へ歩いてひとつめの信号(横断歩道)を花園饅頭さん側へ渡ってください。
3、そのままもう一つ大きな通り(明治通り)の横断歩道もローソン側へ渡ってください。
4、ローソンの向かって右、伊勢丹駐車場の間の小道が建物入り口になります。

4月24日(水)20:00〜21:30 東京都日本橋人形町 新規説明会

人形町駅より徒歩4分、浜町駅から徒歩6分、水天宮前駅から徒歩4分。
最大15名 会場費:無料
※参加申し込み必須(お名前の無い方は入れません)

 

申し込みフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/533427ca167845
クジラモバイル徹底解説|携帯電話の料金プラン、代理店募集の説明会やセミナー、報酬プランについて

 

東京都中央区日本橋人形町2-33-5 OTAYAビル2F(201)
・東京メトロ日比谷線 「人形町」駅 A2出口 徒歩4分
・都営浅草線 「人形町」駅 A3出口 徒歩4分
・東京メトロ半蔵門線 「水天宮前」駅 7番出口 徒歩4分
・都営新宿線 「浜町」駅 A2出口 徒歩4分

動物で一番通信距離が長いクジラ

新しく登場したクジラモバイル。(2019年5月以降正式スタート )
このクジラモバイルは、どのような特徴を持ったサービスなのでしょうか?
クジラモバイルの名前の由来や、その料金体系、端末の特徴、そして他社との比較などを詳しく説明していきます。

クジラモバイル(準協会員Bコース)

準協会員Bコースは月額5,400円(税別)、初月のみ事務手数料3,000円(税別)が必要です。

特典としてモバイル端末が無期限貸与されます。

 

クジラモバイル(準協会員Bコース)は、最近増えている格安SIMとは異なる通信回線です。
キャリアの回線をレンタルしているので、通話品質も安心です。

 

主催会社は一般財団法人の日本IOT協会で、スマートフォンだけではなく多角的なサービスの展開も予定しています。

 

クジラモバイル徹底解説|携帯電話の料金プラン、代理店募集の説明会やセミナー、報酬プランについて

 

なぜ、クジラモバイルという名前が名付けられたのかといえば、それはクジラが動物の中でも最も通信距離が長いからです。
そのクジラにあやかった名前、ということです。

 

クジラは、海中にあるサウンドチャンネルという層を使って、意思の疎通をしています。
この層を使うことで、最長6000キロ離れた相手との通信が可能といわれています。
これは、大体南極からハワイまでの距離に匹敵します。

 

クジラというのは、耳に海水が入っていかないようにとその穴をふさいでいるので、音声以外の手段が必要となったことからこのように音波の送受信をするようになりました。
クジラモバイルでは、遠くまで安定して電波が届くことを象徴して、クジラをモチーフとしているのです。

 

料金体系は?

クジラモバイル(準協会員Bコース)

準協会員にレンタル、準協会費は月額5,400円
24時間使い放題で、データ20ギガ

クジラモバイル(準協会員Bコース)の料金体系は、非常にシンプルです。
SIMカードだけの利用であれば、24時間かけ放題通話プランと20Gデータプランのセットで、税別5,400円という1プランのみとなっています。

 

また、新規登録費用については、SIM月額利用料の5,400円に加えてSIM開通事務手数料3,000円が必要なので、初回は税別で合計8,400円が必要となります。

 

決済方法は、すべてオンラインでのカード決済で行います。
登録できるのは20歳以上の人となっていますが、法人登録も可能です。
また、個人での契約では複数契約ができません。

 

契約は3年縛りとなっているので、3年以内に解約した場合は違約金が発生するという点には注意が必要です。
また、MNPは対応していないので、新規契約だけとなっています。

 

通話し放題、データ定額なので、月額利用料は5,400円だけです。

 

ちなみに、ソフトバンクで同様の契約をした場合は、24時間通話定額プラス20GBプランで毎月9,000円となっているため、同じ回線でも3,600円の割引となっています。
大手キャリアの他2社での料金も、やはり9,000円以上になるので、かなり割引となることがわかるでしょう。

最低貸与期間は3年。端末違約金は初年度のみ9,100円 3年以内の解約は違約金が発生します。
1〜12ヶ月目までの解約違約金は9,100円(端末違約金)+9,500円(解約違約金)=18,600円
13〜36ヶ月目までの解約違約金は9,500円(解約違約金)です。
37ヶ月目以降の解約に関しては自由です。
なお他社からの乗り換え(MNP)はできません。(新規のみ)

 

他社との比較

先ほど、料金について3大キャリアとの比較をしてみましたが、もう少し詳しく比較していきます。
格安SIMとの比較も同時にしておきましょう。

 

まず、クジラモバイル(準協会員Bコース)はそもそも格安SIMではありません。
格安SIMというと、月々の使用料が数百円からで、通話も可能にした場合で2,000円以下というところが多いのですが、クジラモバイル(準協会員Bコース)はそれよりは高い価格帯となっています。

 

ただし、格安SIMには基本的にフルのかけ放題プランがなく、また通信料の追加も高額なことが多いのです。
クジラモバイル(準協会員Bコース)では24時間かけ放題で、通信も20ギガと大容量なので、その違いが大きいでしょう。

 

中には、「20ギガも必要か?」と思う人もいるかもしれませんが、最近はコンテンツの大容量化も進み、動画などを目にする機会も増えています。
Wi-Fiが使える環境にいる場合はともかく、そうでない場合は意外と大容量の通信が行われることが多いでしょう。

 

もう一つの大きな特徴として、クジラモバイルはクジラサービスという総合的なサービスのなかの1つです。
クジラサービスは、クジラモバイルを始め、クジラ光やクジラ電気、クジラガス、クジラセキュリティなどのサービスをまとめたものです。

ただし、これらのサービスは順次取り扱いを開始することとなっているため、今のところは開始時期が未定となっています。

 

3大キャリアの場合、新規加入者を増やすために最初だけ料金を割引いて、その後少しずつ料金を高くしていくという方法を取っていますが、クジラモバイルでは最初から最後まで同じ料金でのサービス提供となるので、気が付いたら料金が上がっていた、ということもなく安心して使うことができます。

 

クジラモバイルは、料金は安い方がいいけれど格安SIMだと不満がある、という層に向けた新しい選択肢にもなります。
これからスマートフォンを持つ人も、現在の料金を安くしたい人も、クジラモバイルに変更することを考えてみませんか?

 

まとめ

クジラモバイルは、動物の中でもっとも長い通信距離を持つクジラをモチーフにしたサービスです。
わかりやすい料金プランが特徴で、格安SIMとはまた異なるため、現在の3大キャリアと格安SIMの中間にあたる料金層として第3の選択肢になるといえるでしょう。
また、キャリア回線を利用しているので、通信品質も安心です。
今後のスマートフォン回線の選択肢として、検討してみてはいかがでしょうか?