FX スワップポイント 仕組み記事一覧

FX スワップポイント 仕組み

スワップポイントスワップ金利とも呼ばれます。FXは外貨をなるべく安く買い、高く売ることを目的としています。しかし、それとは別に政策金利というものがあります。日本における政策金利は現在0.1%です。これは世界的に見てかなりの低水準です。それに対して、例えばアメリカの政策金利は0.25%ですので、その差...

» 続きを読む

プロフィットファクター 計算式

『プロフィットファクター』投資運用において、重要な指標の一つとしてプロフィットファクターというものがあります。この指標は、FXや株式、日経平均先物、オプション取引など、投資全般に使われる指標です。では、この指標が示すのは、一体どのようなものなのでしょうか?

» 続きを読む

為替 信用売り

為替為替とは、現金以外の方法によって金銭を決済する方法をいいます。日本国内であれば為替手形や小切手などを用いて、直接現金を渡すのではなく銀行等の金融機関を通して別の場所でも現金化できるようにしたものであり、内国為替と呼ばれます。一方通貨が異なる外国との取引に用いられるものは外国為替と呼ばれます。その...

» 続きを読む

1万通貨とは? 1万通貨いくら?

『1万通貨いくら?』FXでは様々な通貨を取引しますが、基本的な取引は1万通貨単位となっています。これは、日本円にするとどれくらいなのでしょうか?各通貨において、現在のレートでおおよそいくらくらいになるのかを紹介していきます。通貨単位とは?まずは、この単位が何かを説明します。通貨というのは、どこか特定...

» 続きを読む

FX マージンコール

マージンコールFXの取引では、レバレッジをかけることで証拠金の何倍もの金額での取引が可能となります。レバレッジを10倍でかければ証拠金の10倍の金額での取引ができますから、利益が出た場合は10倍となりますが損失も10倍となります。その損失が証拠金を上回りそうになった時はロスカットとして強制決済されま...

» 続きを読む

プロフィットファクターとは? プロフィットファクター 計算式

プロフィットファクタープロフィットファクターとは、システムトレードにおける売買プログラムの良し悪しを示すもので、総利益が総損失の何倍かを表すデータです。その計算式は、プロフィットファクター=総利益÷総損失で計算されます。例えば、総利益が100万円、総損失が40万円であればプロフィットファクターは20...

» 続きを読む

マージン2% レバレッジ何?

証拠金規制以前、FXにおけるレバレッジは最大400倍というとんでもないものでした。10万円の証拠金があれば4000万円まで取引ができるため、勝てれば利益は大きい反面、負けた場合は10万円の証拠金だとあっという間になくなってしまい、追加証拠金がすぐに必要となってしまいます。そのためFXでは大勝する人が...

» 続きを読む

FX 強制決済とは?

ロスカットFXの取引において、現在のレートで決済した場合の損失が大きくなると計算された場合、自動的にロスカット(強制決済)が行われます。計算上の損失を含み損といい、ロスカットとなるのは含み損によって必要証拠金維持率を下回った場合です。必要証拠金維持率は取引各社によって定められており、おおよそ20%か...

» 続きを読む

Foreign Exchange Margin Trading

FXFXとは、正確には「外国為替証拠金取引」といい、英語でMargin Foreign Exchange Tradingといいます。内容としては、外国の通貨を売買し、利益を得る取引のことです。FXで得られる利益には、為替レートの変動による通貨売買の差額である為替差益、例えば100円で買った外貨を11...

» 続きを読む

FX ロストカット

ロストカットFXの取引におけるリスク対応策として、ロストカットというものがあります。これは、証拠金が一定の維持率を下回ったときに自動的に決済されるシステムで、ロスカットともいいます。また、ロストカットになる前にはマージンコールという証拠金の追加を求める連絡が入りますが、これに対応しなければロストカッ...

» 続きを読む