為替 信用売り

為替
為替とは、現金以外の方法によって金銭を決済する方法をいいます。
日本国内であれば為替手形や小切手などを用いて、直接現金を渡すのではなく銀行等の金融機関を通して別の場所でも現金化できるようにしたものであり、内国為替と呼ばれます。

 

一方通貨が異なる外国との取引に用いられるものは外国為替と呼ばれます。
その際、外国の通貨との交換比率を為替レートといいます。

 

例えば1ドル=100円であれば、100万円の為替手形と1万ドルが交換できるということです。FXではこの為替レートの変動によって利益を出すため、1ドル100円の時にドルを買い、110円の時にドルを売ることでその差額を利益として受け取ることができます。

 

ただし、1ドルが90円になってしまった場合はその分の損失を被ることになります。
為替レートはその取引額に応じて常に変動しています。

 

信用売り
株式の信用取引にも信用売りがありますが、FXにも信用売りがあります。
空売りとも呼ばれますが、これはどういったものかを説明します。

 

FXでは必ず2つの通貨をペアとして取引を行います。
信用売りというのはつまり、このペアの売りのほうを取引会社から借りて売ることを言います。

 

例えば円売り・ドル買いのペアに対して1ドル100円の時に取引会社から1万ドルを借ります。それを日本円で100万円に交換し、その後1ドル90円になったときに1万ドルを買って取引会社に返します。

 

するとドルを買うのに使ったのが90万円なので、10万円が手元に残ります。ただし、1ドルが110円になってしまった場合は、10万円の損失となります。

 

株式取引での信用売りの場合は、株を借りている間は金利を支払わなくてはなりませんがFXではそういった費用は掛かりません。

 

ただし、スワップポイントが通常とは逆にかかるため、通常はもらえるスワップポイントを支払わなくてはならないかもしれませんので注意が必要です。

 

信用売りを利用するにしても通常通りに買いから始めるにしても、相場の動きを読むことがもっとも重要となります。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら