1万通貨とは? 1万通貨いくら?

『1万通貨いくら?』
FXでは様々な通貨を取引しますが、基本的な取引は1万通貨単位となっています。
これは、日本円にするとどれくらいなのでしょうか?
各通貨において、現在のレートでおおよそいくらくらいになるのかを紹介していきます。

通貨単位とは?

まずは、この単位が何かを説明します。

 

通貨というのは、どこか特定の国の通貨のことではなく、各国で一般的に使われている通貨全般のことをいいます。
例えば、日本であれば日本円、アメリカであればアメリカドル、イギリスであればイギリスポンドのことです。
ただし、アメリカのセントなどは補助通貨なので、この場合は含まれません。
つまり、1万通貨というのはアメリカとの通貨ペアにおいては1万ドルのことをいい、イギリスとの通貨ペアであれば1万ポンドのことをいいます。

 

通貨ペアについては、米ドル/円の場合はアメリカドル1万通貨との取引になるため、日本円はその1万ドル相当の金額ということになります。
それと同様に、ユーロ/米ドルの場合は1万ユーロとそれに相当するアメリカドル、ということです。
そして通貨単位というのは、通貨いくら当たりを1単位として取引するか、ということです。
取引単位が1万通貨単位の場合、500ドルだけ取引したいといっても不可能であり、取引する額も1万ドル、2万ドルというように1万ドルずつしか増やすことができません。

 

また、FXには1Lot(ロット)という表記もあります。
この1Lotというのは、基本的に取引単位のことをいいます。
多くのFX会社では、1万通貨を1Lotと表記しています。
ただし、FX会社によっては取引単位を1,000通貨単位としていることもあるため、その場合は1,000通貨を1Lotとしている場合や、0.1Lotとしている場合などがあります。
1Lotという表記がされている場合は、一応確認してから取引したほうがいいでしょう。
また、一部の通貨については1万通貨ではなく、異なる単位での取引の場合もあります。
10万通貨が取引単位となっているのは一部のマイナーな通貨だけなので、あまり心配はいらないかもしれませんが一応覚えておきましょう。

 

主な通貨の1万通貨

それでは、主な通貨について現在のレートで1万通貨を購入した場合、日本円でおよそどれくらいになるのかを考えてみましょう。

 

まず、1アメリカドルは現在109円前後のレートで取引されているため、1万アメリカドルを購入した場合は日本円でおよそ109万円となります。
1ユーロは現在125円前後なので、1万ユーロはおよそ125万円となります。
1ポンドは現在142円前後なので、1万ポンドはおよそ142万円となります。
1オーストラリアドルは現在のレートで79円前後なので、1万オーストラリアドルはおよそ79万円です。
1ニュージーランドドルは現在のレートで75円前後なので、1万ニュージーランドドルはおよそ75万円です。
1カナダドルは現在のレートで82円前後なので、1万カナダドルはおよそ82万円です。
1シンガポールドルは現在のレートで80円前後なので、1万シンガポールドルはおよそ80万円です。
1トルコリラは現在のレートでおよそ21円なので、1万トルコリラはおよそ21万円です。
1スイスクローネは現在109円前後なので、1万スイスクローネはおよそ109万円です。
南アフリカのランドは現在1ランド8円前後なので、1万ランドは日本円でおよそ8万円ですが、FX会社によっては10万通貨単位での取引となります。

 

また、FXでの通貨ペアは日本円とのものだけではなく、ユーロ/米ドルのような組み合わせもあります。
その場合は、アメリカドルと日本円のレートを考えて、それから通貨ペアのレートを考えることになるでしょう。
このレートは日々変化するので、常にこのレートで取引されているわけではありません。
馴染みが深いアメリカドルも、これまで90円前後であったり、120円前後であったりと大きく変化しています。
とはいえ、アメリカドルで1万ドルあたり109万円前後となると、FXで取引するためには最低でも109万円以上用意しなければいけないのでしょうか?
そうなると、これからFXを始めようと思っている人にとっては非常にハードルが高く感じるかもしれません。
しかし、実際にはその心配がいらないのです。

 

FXは少額からでも始められる

FXというのは、実際に1万通貨を購入する資金がなくても始めることができます。
なぜかというと、FXにはレバレッジがあるからです。

 

レバレッジというのは、“てこ”という意味です。
てこで力を何倍にもするように、FXではレバレッジを効かせて取引することで資金の何倍もの取引をすることができるのです。
日本のFX会社では、レバレッジが最大25倍となっています。
それはつまり、10万円の資金があれば最大で250万円分の取引が可能、ということになるのです。
当然ながら、利益は250万円分の取引によって得られた利益をそのまま受け取ることができます。

 

例えば、現在のレートだとアメリカドルを2万ドル購入した場合はおよそ218万円となります。
その後、円安が進んで1ドルあたり111円となったとします。
その時に2万ドルを売ると、おおよそ222万円になるので4万円のプラスになりますが、その4万円はそのまま受け取ることができるのです。

 

ただし、FXでレバレッジを効かせていると、損失が出た場合もその分大きくなります。
先ほどの例でいうと、2万ドルを買ってから円高になり、アメリカドルのレートが1ドル107円になってしまうとおよそ4万円の損失となります。
それならプラスになるまで持ち続けていればいい、と思うかもしれませんが、FXのレバレッジ取引ではFX会社に証拠金という形で資金を預けています。
先ほどの10万円は証拠金という扱いになるのです。
この証拠金は、損失をどこまで許容するかということを示しているため、例えば4万円の損失が出た時点で残りの許容量は6万円しかないのです。
4万円の損失が出た状態で生産すると、残った6万円が返却されます。
しかし、FX会社ではこの証拠金を超える損失が出ないようにするために、一定以上の損失が出た場合はロスカットとして強制的に生産されてしまうのです。

 

ロスカットは各FX会社で基準が異なるのですが、例えば50%以下がロスカットの基準となっている場合は、追加で証拠金を入金しない限り損失が5万円を超えた時点でロスカットが執行されてしまい、損失が確定します。
そのため、ただ持ち続けて好転するのを待つ、というのは難しいのです。
ロスカットが不安な方は、余裕をもって取引することをおすすめします。
一部のFX会社では、1万通貨単位ではなく1,000通貨単位での取引が可能となっているので、資金に余裕をもって取引したい場合はこうしたFX会社を選んで取引してはいかがでしょうか。
もちろん、慣れてきたら取引量を増やすこともできるので、1,000通貨単位での取引であっても10単位で取引すれば1万通貨単位での取引が可能となります。

 

無理をせず、自分に合ったスタイルで投資するといいのではないでしょうか。

 

まとめ

FXでは、基本的に1万通貨を1単位として取引しています。
ただし、中には1,000通貨単位などヨロ少額での取引が可能なFX会社もあります。
また、その際の取引レートは常に変化しているので、実際に取引をする際にはレートの変化に気を付けましょう。
レバレッジ取引では、少額の資金でも大きな金額の取引が可能となりますが、その場合は利益だけではなく損失も大きくなるので、なるべく資金には余裕をもって取引することを心掛けて、場合によっては少額で取引できるFX会社を選びましょう。

 

通貨単位とは
FXの取引は、それぞれの国の通貨を取引するものです。
1通貨というのはその国の通貨単位になるので、日本であれば1円、アメリカドルであれば1ドルになります。

 

FXの取引においてはほとんどの会社で最低取り扱う通貨の単位が決まっています。多いのが1万通貨単位での取引で、アメリカドルであれば1万ドル単位、およそ100万円単位での取引になるということです。その場合は例えば2万5千ドルなどの取引ができず、2万ドルまたは3万ドルでの取引となります。

 

また、会社によっては1000通貨単位で取り扱うところも増えており、ごくまれに1単位からの取引が可能な取引会社もあります。

 

しかし基本は1万通貨単位であり、多くの取引会社では1万通貨単位を1ロット、1000通貨単位を0.1ロットとして表しています。

 

この通貨単位は証拠金にも関わるものであり、アメリカドルを1万通貨単位で取引するためにはおよそ5万円の証拠金が必要となりますが、1000通貨単位では5000円の証拠金で取引が可能となります。この場合はレバレッジを25倍としたときの金額になります。

 

レバレッジ
レバレッジとは「てこの原理」のことで、自己資本に対する利益率を高めることをいいます。FXであれば、例えばアメリカドルを1ドル120円で1万ドル買おうとするとき、通常であれば120万円が必要です。

 

ですがレバレッジを10倍として同じく1万ドル買おうと思った場合、証拠金として預ける自己資本は12万円で取引が可能となります。
レバレッジが25倍であれば4万8000円ですね。

 

ただし、損失が証拠金の金額に達した場合はロスカットとして強制決済されてしまうので、レバレッジが10倍で12万円の証拠金を預けていた場合は為替レートが1ドル当たり12円下落したときに強制決済となります。25倍であれば1ドル当たり4円ですから、ほんの少しの下落であっという間に強制決済となります。

 

そのため、証拠金が少なくてすむとしても少し余裕をもって預けていたほうが安心して取引に臨むことができます。

 

レバレッジは利益も増えますが損失も同じ倍率となりますので、気をつけないと安定した収益を得ることが難しくなりますので気を付けてください。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら