FX ポジション

ポジションとは

FXでよく使われるポジションとは、ある通貨を保持している状態、つまり持ち高を指します。外貨をいくら買い、売っているかという状況を表しています。
この状態のことを「ポジションを持っている」といいます。

 

FXでは、買いのことを「ロング」、売りのことを「ショート」といいます。
買いはスワップ金利がもらえるので長く保有することが多く、売りはスワップがマイナスになるので早めに手放すことが多いからです

 

外貨を買っている状態のことを「買いポジション」または「ロングポジション」、売っている状態のことを「売りポジション」または「ショートポジション」といいます。

 

また、FXには株や外貨預金と違う点があります。
株や外貨預金は外貨を買うことからしか入ることができませんが、FXは外貨を持っていない状態でも外貨を売ることができ、このことを「空売り」といいます。

 

もちろん買うこともできるので、FXは買いからも売りからもどちらからでも入ることができるのです。
空売りとは売りから入って、あとから買い戻すことで利益を出すスタイルのことを指します。
所有していないドルを売ることになるのですが、これは取引会社から借りると考えるとよいでしょう。

 

また、為替レートが上がっている時でも下がっている時でも、どちらでも利益を出すことができるという利点があります。
ですが、売りから入ったあとにレートが下がり、そこで買い戻してしまうと損失を出してしまうこともあるので注意しましょう。

 

ポジションと決済

ポジションと合わせて覚えておきたいのは決済。
決済とはポジションを解消することをいいます。

 

決済せずにポジションを保有している間は、ロングポジションでもショートポジションでも利益や損失は確定していない状態になっています。
よってレートの変化に応じて損益も上下するわけです。

 

十分な利益が見込まれ払い戻したいときまたはこれ以上の損失を避けたいときに行うのが決済注文です。
これが通ることによって口座残高に損益が反映され、初めて確定することになるのです。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら