FXでうねり取りでのトレードは上手くいくものなのか?

株式投資の手法としてうねり取りというものがあります。
FXでも、このうねり取りを使っている人がいますが、FXでうねり取りは果たして上手くいくものなのでしょうか?
うねり取りがどのような方法なのかを確認して、それがFXでも上手くいくものかどうかを考えてみましょう。

うねり取りとは?

そもそも、うねり取りというのはどのようなやり方なのでしょうか?
うねり取りのやり方と、どのようにして利益を得るのかということについて説明していきます。

 

うねり取りは、そもそも米相場における売買手法として考えられたもので、江戸時代から使われている、歴史ある方法です。。
そのやり方が株式相場でも使えるということで、最近特に注目されるようになりました。

 

うねり取りは、相場の上下する法則に注目した方法です。
相場というのは、常に上昇や下降を続けるわけではなく、上昇と下落を繰り返すものです。
その上昇と下落によって作られている波のことをうねりと呼んで、そのうねりに合わせて売買するのがうねり取りです。

 

うねり取りは、一定の範囲で値動きを繰り返しているボックス相場(レンジ相場)を形成する株の取引で、特に効果を発揮します。
数か月間の株の値動きが、きれいなボックス相場となっているような銘柄が狙い目となります

 

うねり取りをする場合、まずは相場の底だと思ったときに買い注文を、もしくは天井だと思ったときに信用売りをします。
思った通りに相場が動けば、後は天井になったタイミングや、底になったタイミングを見計らって決済するだけです。

 

ところが、相場の動きが予想と反してしまい、底だと思ったところからさらに下がることもあるでしょう。
その時は、通常であればロスカットをするのですが、うねり取りの場合はとりあえず空売りをすることで、それ以上含み損が拡大するのを防ぎます。
その後は、タイミングを見ながら買い増しすることで、含み損を徐々に解消していくのです。

 

また、ナンピン買いのように同じポジションを増やすことで、取得価格の平均を下げようとする場合もあります。
その時は、ナンピン買いのように頻繁に買い足すのではなく、数回に分けて買うようなやりかたにしましょう。

 

うねり取りが多くの人に使われる理由としては、その手軽さにあります。
テクニカル分析などは不要で、ただ見えている相場の動きに合わせて売買すればいいだけなので、初心者でも簡単にできるのです。

 

ただし、テクニカル指標を使うと相場が転換するタイミングなどの予測に役立つので、慣れてきたらテクニカル指標も使ったほうがいいでしょう。

 

FXでうねり取りは使えるのか?

それでは、FXでうねり取りという手法は使えるのかどうか、ということを考えてみましょう。
実際にFXでうねり取りをして、成功している人は少なくありません。
しかし、成功するためには、株式とFXとの違いについて知っておく必要があるでしょう。

 

株式相場でうねり取りが上手くいくとしても、FXでもそのままのやり方でうまくいくとは限りません。
その理由として、株式とFXの相場の違いがあります。

 

株式の場合、投資の対象となる銘柄はかなりの種類があるので、その中から狙い目となる銘柄を選ぶことができます。
しかし、FXの場合は選べる通貨ペアがおよそ10種類、多くても30種類程度なので、うねり取りの狙い目となるような通貨ペアが見つかりにくいことがあります。

 

また、株式相場というのは一方向に動くことは珍しく、たいていの銘柄は取り立てて材料がない時はレンジ相場を形成してうねりが生じています。
しかし、FXの場合は株式よりも一方向に動きやすく、また動くときは急激に動くことが多いので、狙うタイミングなどが難しいこともあります。

 

株式とFXの決定的な違いは、レバレッジの違いです。
株式も、信用取引の場合はレバレッジを効かせた取引ができますが、せいぜい3倍程度です。
それに対して、FXの場合は最大で25倍にもなります。

 

株価がいきなり3分の1も下がることはまずないでしょうが、FXの場合は4%の価格変動で証拠金がすべて失われることになるので、ほんの少し予想が外れただけでも大損になってしまいます。
実際にはロスカットがあるので、すべて失われることはまずありませんが、それでも価格が2%動いただけで取引は強制終了となります。

 

そのため、FXでは株式取引よりも証拠金に余裕をもって取引をする必要があるでしょう。
そうしなければ、含み損が生じた時に耐え切れなくなってしまい、うねりが戻ってくるのを待つことができなくなります。

 

FXでうねり取りをする場合、レバレッジのことを十分に考えたうえでポジションをコントロールしなくてはいけません。
特に、追加で買いを入れる場合などは、狭い値幅で行ってしまうとすぐに証拠金が足りなくなってしまうでしょう。

 

どのようにポジションをとるべきなのか、ということについては、うねり取りをする前に練習しておくべきです。
そのためには、FX業者の提供しているデモ口座などを利用して、実際の値動きに合わせてどう売買するべきかを試してみましょう。

 

うねり取りのためのテクニカル指標

FXでは、うねり取りはできなくはないのですが、株式相場よりも難しい点が多いため、テクニカル指標も使っておいた方がいいでしょう。
FXでのうねり取りに役立つテクニカル指標は、どういったものでしょうか?

 

テクニカル指標は非常にたくさんの種類があるのですが、すべてを使おうと思っても混乱するだけです。
まだFXに慣れていない初心者の場合、とりあえず移動平均線だけを使ってみましょう。

 

うねり取りは、テクニカル指標がなくてもできる取引方法なので、基本的な移動平均線だけでも十分な効果があります。
移動平均線は、指定した範囲での過去の値動きを平均化したもので、動きの大きいチャートでもその平均的な動きを把握することができます。

 

うねり取りと移動平均線を組み合わせる場合、例えば過去75日間の平均線と25日間の平均線を表示して、その2つの平均線よりもいくら下がれば買いを入れるか、またいくら上がれば買いを入れるかといった判断に使います。

 

移動平均線よりもレートが上下にはみ出した場合、また戻ってくることが多いのでため、その判断をする目安となるのです。
ただし、そこからさらに突き抜けていくことも少なくないので、買い足しなどの必要が出た時に備えて証拠金には余裕を持たせておきましょう。

 

移動平均線とは少し違う視点から判断するには、ボリンジャーバンドも併用したほうがいいでしょう。
ボリンジャーバンドの場合、表示されたバンドから価格がはみ出してしまったときが売買を始めるタイミングとなるので、わかりやすいでしょう。

 

こうしたテクニカル指標は、FXだけではなく株でのうねり取りであっても役立ちます。
FXの場合は、株よりも難しい点があるので、忘れずにテクニカル指標を活用したほうがいいでしょう。

 

まとめ

相場の動きを見るだけでいいうねり取りは、難しいことがないので投資の初心者でもやりやすく、効果が高い投資方法です。
しかし、基本的には株式相場で使われる投資方法なので、FXで使う場合はFXの特徴を理解して、多少使い方を変える必要があるでしょう。
テクニカル指標はなくても投資ができますが、あったほうが売買の判断の助けとなるので、特にFXでうねり取りを行う際は忘れずにテクニカル指標を活用しましょう。

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら