FXで必須のレバレッジは、どのようにして計算すればいいのか?

FXの特徴として、レバレッジ取引が可能ということが大きいでしょう。
しかし、レバレッジというのはどのようにして計算すればいいのでしょうか?
また、レバレッジには上限などもあるのでしょうか?
計算の方法など、基本的なことを紹介していきます。

レバレッジとは?

FXを始めようと思った場合、頻繁に出てくるのがレバレッジに対する疑問です。
レバレッジはFXにおいて非常に重要なものですが、具体的にレバレッジというのは一体何のことなのでしょうか?
まずは、そのことについて説明します。

 

レバレッジというのは、投資のために用意した資金の何倍の金額を取引できるか、ということを示しています。
例えば、FXでは基本的に1万通貨を1単位として取引するのですが、いきなり1万ドル分の代金として110万円用意する必要があるとしたら、なかなか手は出しにくいでしょう。

 

普通の人がFXをやってみようと思った場合、あまり多額の資金を用意するのは難しいと思います。
そこで、たとえ資金が少なくても、大きな金額の投資ができるようにしているのが、レバレッジという仕組みです。

 

レバレッジというのは、てこの原理という意味です。
てこが少ない力を大きな力に変えるように、たとえ投資するための資金が少なくても、それを元にして大きな金額での取引ができるようにすることで、大きな利益を生み出すということを意味しています。

 

具体的にどのような仕組みとなっているかというと、まずFXに投資する際はFX会社に口座を開設して、投資のための資金を入金します。
この時、口座に入れた資金を使って投資をするというわけではありません。
この資金は、担保となるのです。

 

入金した資金を担保として、口座を開設した会社からその数倍の資金を借りる形で投資をするのが、レバレッジです。
この取引で利益が出た場合はもちろん受け取ることができますし、損失が出た場合はその担保となった口座の資金で清算することになります。

 

このように、実際の資金以上の投資を可能とすることで、利益を大きくすることをレバレッジ取引というのです。
ただし、その分損失も大きくなるので、その点には注意しましょう。

 

レバレッジの計算方法は?

それでは、レバレッジを利用するとしても、どのようにして計算すればいいのでしょうか?
具体的な計算方法について紹介します。

 

まず、計算方法についてです。
レバレッジというのは、要するに投資資金に対して何倍の金額を取引するか、ということです。
ですから、取引金額を投資資金で割ったものが、レバレッジの倍率になります。

 

投資資金が10万円、取引をする通貨のレートが1万通貨で110万円だとすれば、倍率は110万円÷10万円=11倍となります。
反対に言うと、11倍のレバレッジで110万円の取引をしたい場合は、10万円の投資資金が必要だということがわかります。

 

別の方法で計算することもできます。
現在取引中のポジションの合計取引金額と、投資の資金として口座に入金している金額から、今は何倍のレバレッジで取引しているのか、という計算をする方法です。

 

この場合、まずは現在の保有ポジションの金額をそれぞれ計算して合計し、その合計を投資金額で割ることでわかります。
例えば、保有しているポジションとして200万円が2つ、150万円が2つあって、投資資金が100万円の場合、(200万円×2+150万円×2)÷100万円=7倍となるので、この取引におけるレバレッジは7倍だということがわかるでしょう。

 

計算した結果から、取引にどれだけの証拠金がいるのかについてもわかります。
倍率を10倍にして取引したい場合は、その分の証拠金が必要とされます。
また、最大限のレバレッジだとして計算しても証拠金が足りない場合は、取引できないということになります。

 

レバレッジは、25倍が最大として決まっています。
FX会社によって取り扱いは異なり、口座を開設する際にレバレッジ何倍で取引するかを決定するところもあれば、25倍で口座を開設して後は証拠金の金額で調整するというところもあります。

 

どういう違いがあるかといえば、取引における証拠金維持率に違いが生じます。
口座を開く際、レバレッジ10倍として開設した場合、10倍で計算して証拠金が不足した際にアラームが届き、それでもなお不足した際はロスカットとなりますが、その計算をする際の基準は10倍のものとなります。
しかし、倍率の指定がない場合は、いずれも基準となるのは25倍で計算した証拠金なのです。

 

レバレッジの違いによって、証拠金はどのように変わってくるのでしょうか?
倍率による証拠金の違いについて、考えてみましょう。

 

レバレッジごとの証拠金について

レバレッジは、投資資金によって決まるともいえます。
レバレッジごとに、必要となる資金はどのくらい変わるのでしょうか?

 

まず、アメリカドルの取引を例としてみます。
アメリカドルのレートは、現在110円前後です。
1万通貨取引する場合、日本円では約110万円ということになります。

 

110万円の取引をする場合に必要な投資金額は、レバレッジが10倍なら110万円÷10=11万円です。
しかし、同様の取引に対して25倍のレバレッジで投資すると考えた場合は、110万円÷25=4万4千円ということになります。

 

この計算によって求められる金額が、レバレッジごとに必要な証拠金の金額ということになります。
レバレッジは25倍までとなっているので、それ以下の金額では取引できないということです。

 

レバレッジが大きくなれば、それだけ必要となる証拠金は少額でいいことになります。
しかし、レバレッジが大きい場合、それだけ実際の資金と取引している金額が離れるということになります。
そうなると、損失や利益が投資金額に与える影響も大きくなるのです。

 

例えば、先ほどの例でいうと、1万通貨を取引して、1万円のマイナスとなった場合、レバレッジが10倍なら投資金額は11万円なので、そこから1万円が減って残りは10万円となるため、1割も減りません。
これがレバレッジ25倍であれば、同様に1万円のマイナスとなった場合は、4万4千円からそのまま減ることになるので、残りは3万4千円となり2割以上の資金が減ることとなるのです。

 

かつては、もっと大きなレバレッジでの取引をする人が多かったのですが、例えばレバレッジを100倍にした取引であれば、1万円で100万円の取引ができるものの、1万円の損失が出れば資金が全額無くなってしまい、それ以上の損失が出た場合は証拠金が不足してしまうことになるので、そのせいで借金をする人が続出していました。
そこで、現在はレバレッジ25倍が上限として規制されているのです。

 

レバレッジは、投資の資金が実際には少なくてもそれ以上の金額の投資が可能となるものです。
しかし、投資の金額が大きくなれば、それだけ損失も大きくなるというリスクがついてきます。
投資をする際は、必ずリスクとリターンのバランスを考えて、無理のない適切なレバレッジを選んで投資をするようにしましょう。

 

まとめ

レバレッジは、取引金額と投資資金によって計算されます。
倍率を高くした場合は、それだけ少ない資金で大きな利益を得られる可能性が出てくるものの、損失が生じた際もその金額が大きくなります。
取引金額が大きくなった分、その利益や損失についてはそのまま自分へと返ってくるものです。
利益にばかり目を向けず、損失が生じた場合でも許容できる範囲を超えないように、しっかりとレバレッジとリスクを考えて投資しましょう。

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら