FXのレバレッジ規制による取引通貨単位の縮小について

FXは、レバレッジ取引が基本となっています。
かつては数百倍も当たり前だったレバレッジの倍率も、規制によって最大倍率が50倍となり、現在では25倍になっています。
そのレバレッジにかけられた規制に伴って、取引通貨単位も縮小されてきましたが、それはなぜでしょうか?

レバレッジ規制とは?

そもそも、レバレッジ規制とはどういうものでしょうか?
また、なぜ規制されることとなったのでしょうか。
レバレッジが規制されることとなった理由と、規制の内容について解説します。

 

かつて、FXには主婦や学生、サラリーマンなど、多くの人が参加していました。
何故かというと、レバレッジに規制がなかった頃は資金の数百倍もの取引が可能だったため、わずかな資金でも取引できたのです。

 

例えば、株式投資の場合は信用取引がありますが、信用取引の場合はレバレッジが3.3倍までだったので、100万円分の取引をするために30万円ほどの資金が必要だったのです。
それだと、主婦や学生が投資するのは厳しいですよね。

 

一方、FXの場合はレバレッジ400倍での取引が可能という業者が多かったので、アメリカドルが1ドル100円ほどの場合は、3,000円足らずで1万通貨の取引をすることができたのです。

 

その敷居の低さからFXを始める人は多く、特に主婦やサラリーマンの個人投資家が増えて昼休みになると一斉に取引したことで、相場の動きが影響を受けるほどでした。
そのため、日本の個人投資家に対して、ミセスワタナベやキモノトレーダーという呼び名がついたほどです。

 

しかし、資金があまりなくてもFXに参加できる一方で、マイナスとなってしまった際にその負債を支払えないという人も増えてきました。
特に、昔は今のようにロスカットが上手く働かないことも多く、また倍率が高いため、少し値動きしただけでも証拠金以上のマイナスとなってしまうことから、負債が大きくなってしまうことが多かったのです。

 

例えば、1万ドルを400倍のレバレッジで取引する場合、1ドル100円なら必要な証拠金は2,500円ですが、例えば1万ドルを買っている状態で1ドルが99円になった場合には、1万円の損失となるのであっという間に証拠金を超えてしまいます。

 

そのため、実際には0.25円の変動で証拠金がゼロとなってしまうのですが、そのくらいなら値動きが激しい時はあっという間に動いてしまいます。
また、1万ドルしか取引していなければ損失も小さいのですが、10万円の資金があって、その資金でレバレッジを目いっぱい使った取引をしていた場合はどうなるでしょうか?

 

10万円で400倍のレバレッジを効かせて取引をした場合、4,000万円分となる40万ドルの取引ができます。
そうなると、先ほど言ったように1円下がった場合には、40万円の損失が生じるため、差し引きで30万円の負債となるのです。

 

急激な価格変動があった場合、価格の変動が1円以上となることもあります。
また、資金が多ければそれだけマイナスとなる額も多くなるので、結果として一獲千金を狙った個人投資家が失敗を繰り返し、破産する人が後を絶たなくなってしまうこととなったのです。

 

こうした事情を背景として、金融庁は2010年にレバレッジ規制へと踏み切りました。
最初は50倍までに規制して、2011年には25倍までと規制したのです。
2018年には、レバレッジを最大10倍までに規制しようという動きもあったのですが、それについては現在見送られています。

 

そのせいで、FXを始めるためのハードルは高くなったように感じられ、またそれまでの状況からFXは怖いものという考えも広まったため、新しくFXを始めようという人は減少しました。
その状況を打開するために、FX会社が始めるようになったのが、取引通貨単位の縮小です。

 

取引通貨単位の縮小とは?

取引通貨単位の縮小というのは、具体的にはどういうことなのでしょうか?
これまで、FXでは1万通貨単位での取引が当たり前でした。
しかし、レバレッジに規制がかかるようになった今、そのままだと証拠金として必要な金額が大きくなるので、顧客がFXから離れ始めたのです。

 

そこで、FX会社が考えたのが、これまでよりもっと少額の通貨単位で売買することを可能とすることで、証拠金が少なくても取引できるようにしようということでした。
取引する数量が10分の1になれば、証拠金もそれと比例して少なくなる、ということです。

 

この通貨単位の縮小はさらに進み、100通貨単位で取引できるようにするところも登場し、中には1通貨単位で取引できるようにしているFX会社もあります。
大きな数量の取引をしたい人はもちろん、試しに少しだけ取引をしてみたいという投資家も参加が可能となったことで、興味を持つ人も増えてきました。

 

少額で取引できるということは、それだけ損失も小さくなるということです。
1,000通貨単位での取引では、1円下がっても損失は1,000円に限られるので、損失が出た際の怖さについても軽減されることとなるでしょう。

 

しかし、取引単位が縮小されるというのはメリットばかりではなく、デメリットもあります。
利益も小さくなりますが、その点は取引する数量を増やせばいいだけなので、それ以外のデメリットについて考えてみましょう。

 

通常、FXの取引にかかる手数料というのは、スプレッドだけというFX会社が多いのですが、少ない数量に設定して取引する場合、スプレッドは変わらなくても別途取引手数料が発生することが多いのです。

 

例えば、1万通貨未満の取引については、新規注文1回につき30円の手数料がかかる、などです。
たかが30円と思うかもしれませんが、少額の取引では利益も少ないので、30円の損失もばかにはなりません。
取引自体はプラスであっても、手数料で負けてしまうということもあります。

 

特に、取引手数料の負担が大きくなるのは、デイトレードなど頻繁に取引をする場合です。
FXは値動きが大きい分、デイトレードのような短期取引をする人も多いのですが、取引手数料が発生する場合は難しいでしょう。

 

ただし、少額の取引が可能ということは、資金を無駄なく投資できるというメリットもあります。
例えば、1万5千ドル分の証拠金となるだけの資金がある場合、従来であれば1万ドルしか取引できないのですが、1,000通貨単位での取引ができるFX会社の場合は1万5千ドル分を無駄なく投資できるのです。

 

FXで取引できるのは、アメリカドルばかりではありません。
少額での取引では物足りないと思える人は、アメリカドル以外の単価が低い通貨を1万通貨単位で取引してみてもいいかもしれません。
ただし、中には値動きが激しい通貨もあるので、チャートなどをチェックしてどの程度の値動きをするのか把握してから、取引を始めることをお勧めします。

 

もし不安な場合は、デモ口座など無料の取引ができるサービスを利用してみて、実際に投資したらどうなるのかをシミュレーションしてみてから取引を始めてはいかがでしょうか。

まとめ

FXは、レバレッジ規制によってレバレッジの上限が25倍となったことで、同じ数量の取引であっても必要とされる証拠金が大きくなってしまいました。
そのせいで新たにFXを始めようという人が参加しにくくなったので、取引単位を小さくすることで少ない証拠金でFXができるようになりました。
取引単位が小さくなったことにはメリットとデメリットがありますが、FX初心者にとっては練習にもなるので、まずは小さな取引単位から始めていくほうがいいのではないでしょうか。

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら