FXの最小取引単位におけるメリットやデメリットは?

FXの取引をする場合、最小取引単位というものがあります。
FXは、この最小取引単位を基準とした数量での取引となるのですが、この最小取引単位はいくつなのでしょうか?
また、最小取引単位の違いによるメリットやデメリットとしては、どういったことがあるのでしょうか?

FXの最小取引単位は?

まず、FXの最小取引単位について考えてみましょう。
FXにおいては、自由に取引する数量を決めることができるのではなく、それぞれのFX会社によって取引単位が決まっています。
基本的なFXの取引単位は1万通貨なので、基本的には1万ドル、2万ドルというように、1万刻みで取引する数量を選ぶのです。

 

しかし、近年ではレバレッジ規制などの影響もあって、1万通貨では取引を始めるのが難しい、という人も増えてきました。
そこで、取引できる最小取引単位を引き下げるFX会社が増えてきたのです。

 

最小取引単位を引き下げたFX会社の多くは、その単位を1,000通貨単位にしています。
これまでの10分の1なので、必要となる証拠金や損益の金額も、それぞれ10分の1から始めることができます。

 

もちろん、あくまでも最小取引単位なので、その数量を1ロットとして10ロット注文すれば、これまでと同様に1万通貨を取引することもできます。
また、これまではできなかった、1万5,000通貨の取引なども可能となったのです。

 

多くのFX会社が1,000通貨を最小取引単位とした中で、それ以下の数量を最小の取引単位としたFX会社もあります。
マネーパートナーズでは、100通貨を最小取引単位としたため、より手軽なトレードが可能となりました。
そして、SBI FXトレードとオアンダジャパンでは、1通貨を最小取引単位にしています。

 

アメリカドルを取引するための証拠金で比較した場合、1万通貨が最小取引単位の場合はおよそ44,000円必要となります。
これが1,000通貨単位の場合は4,400円となり、さらに100通貨での取引であれば400円、1通貨の場合はなんと最低4円あれば取引が可能となるのです。

 

さすがに、1通貨での取引で利益を求める人はいないでしょう。
しかし、実際にトレードする場合の取引ツールの操作練習や、チャートの見方の練習、テクニカル指標の中でどれが有効か、など実際にトレードを始めてみないとわかりにくいことを練習するためには、1通貨でトレードをしてみるのは非常に役立つでしょう。

 

最小取引単位縮小のメリットは?

最小取引単位が縮小されたことのメリットとしては、どういったことがあるでしょうか?
まず思いつくのは、必要な証拠金も少なくなったことで、これからFXを始めようと思っている人の参加ハードルも低くなったことです。
しかし、それだけではありません。

 

最小取引単位が縮小されたということは、これまで箱単位で売っていたものが、ばら売りするようになったようなものです。
そうなると、これまでは15個欲しかったのに10個入の箱でしか売っていなかったので、10個で我慢するかそれとも少し無理をして20個買うか、という選択を迫られていたのが、必要な分だけ買えるようになったということです。

 

これまでは、1万通貨の取引で証拠金が余っている場合、取引余力として置いておくしかなかったのですが、少額での取引が可能となった場合は、その取引余力も余さずに投資することができるようになります。
確実にもうかるような強いトレンドの相場であれば、その分の利益もばかにはならないでしょう。

 

また、1万通貨の売買をして損失が生じ、残った証拠金が1万通貨の取引には足りないという場合も、これまでなら資金を追加するか、諦めて出金するかのどちらかしか選択肢はありませんでしたが、少額投資からやり直す、という選択肢も選べるようになるのです。

 

それに、先ほども言いましたが、少額投資であっても実際にトレードをしてみるというのは、より大きな金額でのトレードをする前の練習としては最適です。
取引ツールの使い方などは、実際に使ってみないとわからない点も多いので、いざ取引を始めた時に使い方がわからず、右往左往することがないように練習しておくべきでしょう。

 

ただし、最小取引単位でのトレードにはデメリットも存在します。
メリットばかりではなく、デメリットについて覚えておきましょう。

 

最小取引単位縮小のデメリットは?

最小取引単位が縮小されたことによるデメリットの一つは、トレードの緊張感が薄れてしまうということです
これまでは1万通貨単位でのトレードなので緊張していたけれど、今度は1,000通貨でトレードできるんだから無理はしないようにしよう、と考えて、トレードに対しての熱意が薄れることがあります。

 

また、最小取引単位でのトレードでは、どうしても大きく儲けることはできません。
これまでの1万通貨であれば、1円変動するだけで1万円の利益となっていたのに対し、1,000通貨では1,000円、100通貨なら100円です。
FXで儲けたいと思っている人にとっては、どうしても不満を覚える金額でしょう。

 

FXにおいては、基本的に取引手数料がないFX会社が多く、売値と買値の差額であるスプレッドが実質的な手数料となるのですが、1万通貨未満の取引の場合はスプレッドの他にも取引手数料がかかるFX会社もあります。
また、取引手数料はないものの、スプレッドを広く設定しているFX会社もあるため、取引手数料無料だからといって安心できません。

 

このようなデメリットがありますが、そのデメリットを考えたうえで最小取引単位でのトレードをどう活用するかということを考えた場合、本番のトレードのための調整として考えることができます。

 

デモ口座代わりに使うのではなく、ある程度の損益が出る状態でトレードをして、この資金でこのようなトレードをしたらどのくらいの損をするのか、またこういうタイミングで投資をしたらどのくらい儲かるのか、というのを実際に体験してみて、無事に損益をプラスにすることができれば、今度は取引数量を増やして本番のトレードをする、というやり方です。

 

まずは少額でのトレードで利益を出せなければ、本番ではその10倍、100倍の損失を出すだけです。
手数料やスプレッドの違いで不利になるようなら、その分はハンデと思ってあきらめましょう。

 

FXで難しいのは、押し引きのタイミングです。
チャートが上向いたときに買って、下向いた時に売るだけなら簡単ですが、どこまで上を向いているか、どこから下がり始めるかという転換のタイミングや、今買っても大丈夫か、今売っても大丈夫かという売買タイミングなどを知るには、実際に何度も売買してみるのが一番わかりやすいでしょう。

 

どんなテクニカル指標を使ったとしても、チャートの動きを完全に把握することはできません。
実際にトレードしながら覚えるためには、なるべく小さい単位での取引から始めて、経験を積みながら覚えていきましょう。

 

まとめ

昨今では、FXの最小取引単位が縮小されたことで、レバレッジ規制前よりも手軽にFXを始めることができるようになってきました。
最小取引単位での投資は、利益は少なくなるものの損失も小さくなるため、FX初心者が練習するためには最適です。
また、資金管理などもより細かくできるようになるので、ベテラン投資家にとっても便利です。
FXをこれから始める人も、すでに始めている人も、最小取引単位を有効に活用してFXでの勝利を目指しましょう。

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら