FXはレバレッジの倍率を間違えると大損する

FXの魅力といえば、保有している資金以上の金額で取引が可能なレバレッジ取引でしょう。
しかし、レバレッジ取引はその倍率が適正なものでなければ、大損をしてしまう可能性があります。
その理由と、適切なレバレッジの倍率について考えてみましょう。

大損につながるレバレッジ

レバレッジの倍率は、国内のFX業者の場合は25倍が最大となっています。
かつては400倍のレバレッジで取引をする、という時代もあったことから考えると、25倍というのは非常に低いように思えるでしょう。

 

しかし、本当にそうでしょうか?
レバレッジが25倍というのは、利益も損失も25倍ということです。
FXでは、1万通貨を1単位としての取引が基本となっているので、どの通貨を取引していたとしても、1円の動きが1万円の損益となります。

 

ドルのように、1通貨単位が100円前後(現在は110円前後)の通貨を例にとって考えてみると、1円の値動きはおよそ1%の値動きとなります。
しかし、25倍のレバレッジで取引している場合、100万円の取引をするためにはその4%、4万円の証拠金を預ける必要があります。

 

FXにおいて、損益はレバレッジの倍率に関わらずそのままなので、1万円の損をした場合は証拠金から1万円差し引かれます。
4万円のうち1万円ですから、為替レートが1%変動した結果、25%の証拠金が減ってしまうことになるのです。

 

25倍のレバレッジということは、値動きの結果がそれだけの倍率で証拠金へと反映されるのです。1%が25%、2%だと50%です。
4%ですべての証拠金がなくなることになりますが、たいていのFX業者では50%減った時点でロスカットが執行されているため、悪ければ半分になる、と考えておきましょう。

 

ただし、高いレバレッジでは利益も大きくなるというのも事実です。
先ほどはマイナスとなった時の話をしましたが、プラスになった場合は4万円の証拠金に対して1万円増えるため、25%の利益を得ることができる、ということになります。

 

高いレバレッジを好む人は、多くの場合この利益となった時のことばかりを考えています。
1ドル100円が104円になっただけで、投資した資金が倍になるのですからすごく儲かるように思えますよね。

 

しかし、それは1ドル96円になった時点で、投資した資金がすべて失われるということもセットになっている、ということを忘れてはいけません。
投資においては、勝った時のことよりも、負けた時のことを考得ておくことが重要なのです。

 

これが、以前のように高いレバレッジだった場合は、どうなるのでしょうか?
例えば、レバレッジ100倍で取引していたとすると、たった1%の値動きで投資資金は倍になるか、すべて失われるかのどちらかとなります。

 

1ドル100円が一瞬で101円や99円になるというのは、実際はそうそうあることでもないのですが、しかしあり得ないことではないのです。
最近では、2019年の年初に大幅な下落があり、数分間で2円以上下がるという事態がありました。

 

また、1日の値動きでいうと、近年ではイギリスがEU離脱の国民投票を行い、結果を発表した2016年6月24日が最も大きく、1日のなかで高値と安値の幅がおよそ8円となりました。
レバレッジ100倍で取引して、もしも損をした場合は、証拠金の8倍が失われることになっています。

 

どれだけ負けても、ロスカットがあるからそんな損はしないだろう、と思っている人もいるかもしれませんが、ロスカットはそれほど信頼できるものではありません。
ロスカットがしっかりと作用しない場合もあるのです。

 

ロスカットが作用しない理由としては、例えば週末にポジションを持ったままとなり、月曜日に大幅な値動きが生じた場合などは、ロスカット水準を超えた損失が出ている場合があります。

 

また、ロスカット水準までもう少しというところで、相場が急激に動いてしまった場合などは、ロスカットが間に合わないこともあります。
システムが決済注文を出して、処理される頃にはロスカット水準よりも大幅に損失が増えている、という結果になってしまうのです。

 

ロスカットはそもそも自動的に処理されるものなのですが、システムに不具合が起こって正常に働かない場合も考えられます。
また、海外のFX業者を利用している場合は、そもそもロスカットがないこともあり得るでしょう。

 

こうした理由から、レバレッジは過剰な倍率にしないで、適切な倍率での取引がおすすめです。

 

適切なレバレッジとは?

適切なレバレッジの倍率というのは、果たしてどのくらいなのでしょうか?
レバレッジの倍率について、考えてみましょう。

 

まず、安全性を考えるとレバレッジは1倍、つまりは資金をそのままに取引するのが最も安全です。
100万円の資金で取引をして、ドルのレートが1円下がったら1万円の損、1円上がったら1万円の利益となり、暴騰や暴落が起こっても、10%以上の影響を受けることはまずないでしょう。
何より、証拠金が足りなくなる恐れがまずない、という点が安心できます。

 

ただし、レバレッジ1倍だと利益はかなり少なくなり、また取引を始めるためには多額の資金が必要となります。
それではFXをやる意味がない、と思う人もいるかもしれません。

 

それでは、3倍くらいのレバレッジならどうでしょうか?
3倍であれば、1慢通貨の取引をして1円の値動きがあった時、プラスとなった場合は3万円の利益となります。
また、1円の値動きで損をしても、3万円の損失なのでそれほどの大損とはならないでしょう。

 

デイトレードなど短期的な取引をして、損失が生じた場合はすぐに損切りができるような状態であれば、レバレッジを10倍以上にしても大きな失敗にはならないかもしれません。
しかし、サラリーマンや主婦などが副業としてFXに投資する場合は、そういうわけにはいかないのです。

 

サラリーマンの場合、仕事をしている合間に相場のチェックができるかもしれませんが、相場はほんの数分目を離している間に大きく動いてしまうものです。
レバレッジを高くすると、あっという間に損失が拡大してしまいかねません。

 

投資をするにあたって、最も重視するべき点はリスクの管理です。
長い目で見て利益が出ればいいと考えるべきで、損失が拡大しすぎて投資が続けられなくなるという事態だけは、避けなければいけません。

 

どうしても高いレバレッジで取引する場合は、その資金を完全な余裕資金だけにしておくべきでしょう。
たとえ全額失うことになっても気にならない資金であれば、増えたらラッキーくらいの気持ちでこうレバレッジでの取引をしましょう。
その場合、たとえ損をしてしまっても、諦めることが肝心です。
次こそは、とむきになって資金を追加し、ずるずると負けていくと底なし沼にはまってしまいます。
しっかりと線引きをして、最初に決めた資金だけで取引を終わらせるようにしたほうが安全だと思います。

 

まとめ

FXでは、レバレッジ取引が一般的ではありますが、かつてのような数百倍のレバレッジはもちろんのこと、現在の規制されている25倍という倍率でも、実はかなり危険な倍率です。
投資をするのであれば、本来はレバレッジなしの取引が望ましいのですが、レバレッジをかけるにしても3倍程度に抑えておく方がいいでしょう。
特に、サラリーマンなどが副業としてFXに投資するのであれば、レバレッジはなるべく低く抑えて、安全性を第一に考えましょう。
それでも高いレバレッジでの取引がしたい場合は、失っても惜しくない余裕資金で投資することをお勧めします。

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら