100万通貨を取引する場合の価値と、必要な証拠金はいくら?

FXでは様々な通貨を取引しますが、レバレッジがあるのでかなり大きな額の取引も可能となります。
しかし、例えば100万通貨を取引する場合、実際にはどのくらいの額を取引していることとなるのでしょうか?
現在のレートではどの程度の金額になるのか、通貨ごとに紹介していきます。

100万通貨の現在の価値

現在のレートで主な通貨を100万通貨購入した場合、日本円にするとどれくらいの金額になるのか紹介していきます。
まず、1アメリカドルの現在のレートはおよそ110円となっているので、100万アメリカドルを購入するために必要な金額は、日本円ではおよそ1億1000万円です。
現在125円くらいのレートで取引されているユーロの場合、100万ユーロはおよそ1億2500万円となります。
1ポンドであれば、現在146円から147円の間くらいなので、100万ポンドはおよそ1億4600万円となります。
人気の高い豪ドルは、現在1豪ドルあたり79円ほどのレートで取引されているので、100万オーストラリアドルはおよそ7900万円です。
1ニュージーランドドルは現在のレートで76円前後なので、100万ニュージーランドドルはおよそ7600万円です。
1カナダドルは現在のレートで84円前後なので、100万カナダドルはおよそ8400万円です。
シンガポールドルであれば、現在は82円くらいのレートで取引されているので、100万シンガポールドルはおよそ8200万円となります。
高金利通貨として人気のトルコリラは現在21円くらいなので、100万トルコリラはおよそ2100万円です。
1スイスクローネは現在110円前後なので、100万スイスクローネはおよそ1億1000万円です。
南アフリカ共和国の通貨であるランドの場合は、現在8円くらいのレートなので、100万ランドは日本円でおよそ800万円です。
このレートについては固定ではないので、常に変動を繰り返しています。
中には、1日の中で何円か変動するものもあるので、FXなどで取引する際はその時点でのレートを確認してから取引するようにしましょう。

 

100万通貨を取引するにしても、アメリカドルで100万ドルあたり1億1000万円前後となると、なかなか用意できる金額ではないと思います。
FXの場合はレバレッジがあるので、実際にこの金額を用意する必要はなく、そのための証拠金を用意すれば取引が可能です。
FXで必要な証拠金は、どのようにして決まるのでしょうか?

 

FX取引の仕組みは?

通貨の取引というと、FXでの取引が一般的です。
FXで取引をする場合は、実際に取引する通貨を購入するための資金がなくても、取引が可能です。
FX取引は、レバレッジによる取引が一般的だからです。

 

レバレッジにより、FXでは入金した資金の何倍もの金額の取引をすることができます。
ただし、レバレッジの倍率は自由に決められるわけではなく、日本のFX会社の場合は最大でも25倍のレバレッジまでと規制されています。

 

25倍ということは、最低5万円の資金があれば、125万円分の取引ができるということになるので、1万アメリカドルや1万ユーロまでなら取引が可能、ということになるのです。
当然ながら、取引の結果得られた利益はレバレッジで減額されることはなく、そのまま受け取ることができます。

 

例えば、アメリカドルを2万ドル購入した場合は、現在のレートではおよそ220万円となります。
この場合、証拠金として88,000円くらいは必要となるでしょう。

 

その後、円安が進んで1ドルあたり113円となったとします。
その時に売るとおおよそ226万円になるので、差し引きで6万円の利益が生じるのですが、その6万円はそのまま受け取ることができるのです。

 

ただし、FXでは損失が生じた場合も、そのまま被ることとなります。
2万ドルを買ってった場合、その後円高になってアメリカドルのレートが1ドル108円になった場合は損失が出るので、4万円マイナスとなります。

 

マイナスとなってしまったなら、プラスになるまで待ってから決済すればいいと考えるかもしれませんが、FXの場合は損失が出た場合に証拠金から差し引かれるようになっています。
マイナス4万円の時点で清算すると、その証拠金から4万円が差し引かれるのです。

 

FX会社では取引の損失が証拠金の額を超えないように、損失が出た場合はその損失を仮に証拠金から差し引いて計算し、証拠金が一定以下となった場合はロスカットとして、強制的に清算されるようになっています。

 

各FX会社によってロスカットの基準は異なるのですが、例えば50%以下がロスカットの基準となっている場合は、必要な証拠金の50%の金額を割り込むだけの損失が生じた時点でロスカットが執行され、損失が確定します。

 

このロスカットがあるので、相場の動きが変わるのをじっと待つ、というのは難しいのです。
ロスカットが不安な方は、常に証拠金が不足しないように気を付けながら取引をしましょう。

 

100万通貨の取引に必要な証拠金は?

100万通貨となると、取引するためにはいくらくらい用意する必要があるのでしょうか?
基本的に、FX会社では1万通貨か1,000通貨を取引するために証拠金として必要な金額が提示されています。
証拠金の割合は、通貨単位が増えても変わらないので、100万通貨の取引には1万通貨で提示されている証拠金の100倍、1,000通貨で提示されている証拠金の1,000倍の金額が必要な証拠金の金額です。
証拠金の額は一定ではなく、レートに合わせて変更されます。
アメリカドルであれば、100万アメリカドルでおよそ442万円必要となります。
ユーロの取引であれば、およそ503万円必要となります。
ポンドの取引であれば、およそ585万円必要となります。
オーストラリアドルの取引であれば、およそ317万円必要となります。
ニュージーランドドルの取引には、およそ305万円必要となります。
カナダドルの取引に対しては、およそ336万円必要となります。
シンガポールドルの取引には、およそ328万円必要となります。
トルコリラの取引には、およそ83万円必要となります。
スイスクローネを取引するには、およそ442万円必要となります
ランドの取引であれば、およそ32万円が必要となります。

 

100万通貨となると、証拠金としてもかなりの金額が必要となりますが、もっと少額の証拠金で100万通貨を取引する方法もあります。
それは、レバレッジの高いFX業者を通じて取引するという方法です。

 

日本では、FX取引に対してレバレッジ規制があるので、日本のFX業者は25倍のレバレッジまでしか取り扱うことはできません。
しかし、海外のFX業者であれば、もっと高いレバレッジでの取引も可能です。

 

海外のFX業者の場合上限は様々ですが、100倍までというところも少なくはなく、500倍のレバレッジで取引できる業者もあります。
レバレッジ100倍であれば、100万アメリカドルの証拠金もおよそ111万円でよくなり、さらに高い500倍のレバレッジなら、わずか22万円もあれば100万アメリカドルの取引が可能となります。
ただし、レバレッジが高いということは、それだけ損失も大きくなるということを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

FXでは、レバレッジ取引が可能なので、100万通貨という大きな金額を取引したい場合でも、必要な証拠金さえあれば取引が可能です。
また、海外のFX業者に申し込んだ場合は、レバレッジの倍率に対する上限も高くなり、500倍のレバレッジでの取引が可能な業者もいるので、証拠金が少なくても大きな金額の取引ができます。
ただし、レバレッジを高くした場合は利益だけではなく損失も大きくなるので、あまり損失が大きくならないように気を付けながら取引したほうがいいでしょう。

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら