ロスカットとは何か?

ロスカットはFX取引をする際の強制決済のことを言います。
どんな時にロスカットが適用されるかというと、あらかじめ設定したロスカットレベル(必要証拠金維持率)を下回った時です。

 

もう少し噛み砕いて言うと損失が大きくなった場合です。

株式取引とは異なりFX取引では値幅制限ぎりぎりまで売買できる仕組みが存在しません。

 

株式取引よりも大きな利益を得られる反面、損失も大きくなる可能性があり最悪の場合、資本金の全額損失もしくは不足となる場合があります。その損失を少しでも抑えるための仕組みとしてロスカット・ルールというものを設けています。

 

企業によっては通達が来るところもありますが、最初に申しあげたとおり強制的に執行されるところもあります。
ロスカットが適用されると今までのポジションなども一斉に決済されてしまいます。

 

ロスカットレベルというものを設定しておくと基本的にはコンピューターが処理するので証拠金以上の損失は発生せず最低限の資金は温存され、不足金が発生するということはありません。

 

しかし為替レートが急激に変動した場合に限り、ロスカットの水準から大きく離れたために証拠金以上の損失が発生することもあります。
為替レートに絶対はありませんのでロスカットレベルの設定は必要になります。

 

上記にもある通りFX取引はレバレッジを高くかけることができ、多くの利益を期待できますが反動が計り知れないのも事実です。

 

またロスカットというのは証拠金のほとんどを失う強制決済です。
一度も行われて欲しくはないロスカットですがそのためにもレバレッジを低く設定することで未然に防ぐことがある程度可能です。

 

FX取引を行う上で常勝は残念ながらありません。勝数の分だけ負けることもあります。
その時の負けをどれだけ小さく抑え込めるかが重要となってきます。

 

実際にFX取引を行う際はこのロスカット・ルールを把握し、最小限の損失に抑え込めるよう証拠金が残るように心がけあまり高いビバレッジをかけないように気を付けましょう。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら