マージンコール

マージンコールとは?

FXでは、預けたお金は「証拠金(担保)」として取り扱われます。

各FX会社は、口座にある証拠金以上に損失が発生しないように、投資家を保護するためのさまざまなしくみを設けており、その代表的な1つとしてマージンコールが挙げられます。

 

マージンコールは、証拠金に一定の損失が発生した時に、FX会社が顧客に対して証拠金の追加預け入れを求める警告であり、イメージとしてはサッカーで言うところのイエローカードに近いです。

 

証拠金の余力を示す数字を「証拠金維持率」といい、各FX会社によって基準は異なりますが、証拠金維持率が約50%〜70%を下回った時点でマージンコールがかかる場合がほとんどです。

 

マージンコールが発動した時の対処方法

実際にマージンコールが発動されると、取引画面上にマージンコールが発動された旨を示すメッセージが表示されたり、メールによって通知が来たりします。

 

その場合には、取引業者が指定する時刻までに基準の証拠金維持率を上回るために必要な証拠金を追加でFX用の口座に入金するか、マージンコールを消すために十分なポジションを決済しなければいけません。

 

追加の証拠金が必要な時は、現時点で証拠金維持率が何%まで落ちていて実際に幾らの金額を入金すれば良いのかが表示されているので、その指示通りにすればポジションをそのまま維持することが可能です。

 

因みに、含み損が発生しているポジションをクローズした場合には、予想以上に損失率が下がり証拠金維持率が回復する場合があります。
どちらの方法を選択するかは投資家の判断の自由ですが、いずれにせよ、もしマージンコールが発動された時には、再度ポジションやレバレッジを見直して戦略の立て直しを計るのもいいかもしれません。

 

また、マージンコールが発動されているにもかかわらずそれをそのまま放置しておくと、ロスカットに移行され強制的にポジションが閉じられてしまいます。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら