レバレッジとは

イメージするのは『てこの原理』

FX取引をするとき最初に取引会社に自己資本を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍〜数百倍の金額で取引を可能にする、レバレッジというものがあります。

 

レバレッジはてこの原理をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。少ない資本金で大きな取引を可能とし、普通はレバレッジ〜倍といった言い方をします。

 

レバレッジがけをすることで利益と損失ともに大きくなります。
例えば1万円の証拠金にレバレッジ10倍をかけると得られる利益は10万円に膨らみます。残念ながら損失も同様に比例して膨らんでしまいます。

 

ではなぜこのようなことがレバレッジでは可能なのでしょうか。
答えはFXの決済方法にあります。

 

FX取引では、通常の商品を売買とは異なり、毎回金銭の受け渡しを行うことはしません。取引で発生した差額分だけを決済する差金決済という方法というものを用いるので少額での取引が可能になります。

 

かけたレバレッジと派生した差額が大きければ大きいほど得られる利益は大きくなり、同時に発生する損失も大きい場合があるのです。

 

これからFX取引を始める方にはレバレッジ2倍から3倍をオススメします。
企業によっては最高400倍までかけられるところもあります。

 

しかし勝手がわからないうちに大きくかけることは、狙い通りであれば多額の利益を得ることが可能になりますがハイリスクです。
FX取引では1倍からでもかけられるので何度か挑戦し自分のスタイルや戦略を考えることも大事です。

 

またもしも損失が大きくなりすぎた場合にはロスカットというものもあります。
これは簡単に言うと大きくなった損失を最小限に抑えるためのものです。

 

しかし損失は損失ですので最小限の資本しか手元には残りません。そうならないためにもレバレッジを低く設定し、安定させたFX取引を行うことをオススメします。

 

低くレバレッジを設定すると自信の資本金内で追証なども支払うことが可能になることもあるのでなるべくリスクから遠ざかるようにしましょう。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら