為替レートの高い・低い

FX取引をしていると為替レートが高い、低いということを聞いたことがある人は多いと思います。
そもそも為替レートとは2つの国の間の通貨を交換する時の取引価格、もしくは相場のことを表します。

 

もちろん取引なので売り手が売りたい値段と買い手が買いたい値段があり、その両者が納得した値段が決定されます。
それは世界の情勢などによって左右されるので常時変動します。

 

 

よくイメージしやすいのはアメリカと日本での1ドル〜円○銭」というものでこれは米ドル/円の為替レートです。この変動があるから利益のチャンスを生むことができるのです。

 

円高や円安という言葉を耳にしたことはあると思います。
円高は文字通り円が高いということを指し、円安は円が安いということを指します。

 

これは例えばアメリカの1ドルを買うにあたって今まで80円で済んでいたとします。
それが今は1ドルを買うのに100円になると円は高くなった、わけではないですよね。
円が安くなったことになります。

 

上記の例でいうと円は価値が下がったので以前より多く支払わなければ1ドルを買うことができなくなったのです。アメリカの立場から見るともっとよくわかると思います。

 

それでは、レートが高いということはどういうことなのでしょうか。
簡単に言うと交換するものの価値が高いということになります。

 

価値が高い物と交換するには価値の低い物の数を多く用意し同じ価値にして交換します。
500円玉と100円玉5枚を交換するのと同じです。

 

ここまで理解したなら次は為替レートの見方です。
為替レートを見てみると販売レートと買取レートの二つが存在していることがわかります。

 

再び上記の例を引用します。
アメリカのドルを買いたい場合は販売レートを見ます。
反対にドルを売りたい場合は買取レートを見ます。

 

販売レートが安く買取レートが高い場合にドルを買いすぐ売るとすると、その差額が利益に繋がります。

 

これが反対に販売レートが高く買取レートが安いとその差額分損をしてしまいますから注意しましょう。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら