FX取引にかかる税金

FX取引で得た利益にも当然税金はかかります。
ここで得られた利益は雑所得という分類になります。

 

これは一般の給与所得や事業所得に含まれない所得のことを指します。
税金対象者は自営業を営んでいたり、給与所得がある一定の基準を超えていたりとさまざまあります。

 

また税金の対象となるのはスワップポイントによる利益と為替差益です。
未だ所有中で決済していないものは含まれないことがほとんどですが、残念ながら取引をしている企業によります。

 

FX取引の損益はいくつかの口座を持つことで相殺できることがあります。
例えばAという口座で100万円の利益をあげたとして、反対にBという口座では50万円の損を生み出してしまったとします。
その際は50万円の利益がFX取引によって発生したと判断されます。

 

税金と言えば確定申告も気になります。
ですがFX取引では20万円以上の利益が出なければ確定申告は不要になります。

 

ただ38万円以上の利益が出てしまうと扶養から外されてしまいます。
外れてしまえば家族の税負担が増えてしまうので、特に気を付けなければならないところです。

 

FX取引による税率は近年一律20.315%に変更されました。
他にも変更点はあり、例えば最長3年間損失額の繰越控除が可能となったことが挙げられます。
これはその年に控除し切れなかった損失を次の年以降に持ち越すことができるようになったというものです。

 

仮に負けていた場合これは大いに助かります。
これらのようにFX取引には初期の投資金額などに加え税金もかかります。

 

しかし基準を超えなければ課税対象にはなりません。
また高額な取引を主とする人は法人化などすることによってさらに得になることもあります。

 

この高額な取引の明確な基準は一概には言えないため税理士に相談するのも一つの手です。

 

さらに注意が必要なのは節税と脱税の違いです。
利益が出る前にきちんと税金対策をすれば問題はありませんが、利益が出てしまってから税金対策をするとそれはもう脱税になってしまいます。

 

これからFX取引を始める方にはどうやって利益を出すかということと、それにかかる税金のことをしっかり理解する必要があります。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら