FX うねり取り記事一覧

豪ドル スワップ金利

スワップポイントとは皆さんはFXに対して、売買による為替差益で利益を得る、というイメージが強いと思いますが、実は金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する金利差で利益を得る方法もあるのもご存知でしょうか?それが「スワップポイント(スワップ金利)」です。金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を買え...

» 続きを読む

FXで大損しない為に

FXで大損をしないためには、必ず余剰資金で取引を行う事が大事です。つまり予め取引ごとに損失の許容金額を決めておくことが大切で、生活費をFXで運用すれば、間違いなく損切りが出来なくなります。心の余裕もなくなるので、ある程度の余剰資金を証拠金として運用することをおすすめします。まずは、きちんと損切りを行...

» 続きを読む

FXロスカットについて

ロスカットとはFXの最大の魅力として、取引業者に証拠金を預け、レバレッジを高く設定する事により、高額な取引が可能になることが挙げられます。それによって、低資金でも大きなリターンを見込める様になる反面、逆に大きな損失を被る事もあり得るのです。ロスカットルールとは、投資家が、そういったある一定の水準以上...

» 続きを読む

FX 「大損×大損=破産」 賢い損切りを

FXの魅力は何といっても、レバレッジ(倍率)をきかせた取引ができるということです。しかしながら、FX取引は常にリスクと隣り合わせですから、下手すると破産することもあります。そこで今回は、初心者のみなさんに向けて、FXと破産の関係をお伝えしたいと思います。たいてい大損する時というのは、短期間で大損に大...

» 続きを読む

FX追証 取引を続けるには担保が必要!

FXで気を付けなければならないことの一つが、「追証(おいしょう)」です。FX以外でも、これから株の信用取引やレバレッジを利用できる金融商品を取引したいと思っている方なら、追証とはどんなものかについて知っておく必要があります。追証とは、「レバレッジを利用するための証拠金(担保)が足りなくなったので、追...

» 続きを読む

1pipsとは

FX取引の差益評価FX取引では元手の何倍かの資金量を運用して、いわゆるレバレッジをかけての運用になることが多いのですが、そのような取引の場合、運用評価について、単純な金額だけでは逆にわかりにくくなることが多いため、pipsという単位を利用してその差益について評価することが一般的です。例えば、同じ10...

» 続きを読む

証拠金維持率 50パーセント以上を維持しよう

FXとは、一定額以上の金額を担保として取引会社に預け入れて行う取引のことを指します。この担保を“証拠金”と言い、このような取引を“証拠金取引”と言います。証拠金の必要最低ラインは各取引会社によって違いますし、また、取引する通貨によっても違います。多くの場合、取引する額の2%〜5%程度に設定しています...

» 続きを読む

FX Lot(ロット) FXの最小取引単位

Lot(ロット)とは、FXを行うときの取引単位のことです。FXの世界は、ある程度まとまった数量を1単位として取引していく仕組みになっています。例えば、スーパーで売られている卵。購入するときは、1個ずつではなく、1パックで買いますよね。FXもそれと同じで、例えば米ドル/円ペアならば、1ロットあたり1万...

» 続きを読む

FX うねり取り※売買技術の基本

FX取引にも様々な利益の出し方がありますが、それと同じくらい投資の売買技術も多く考えられてきました。主観的に判断するのではなく、客観的な根拠、明瞭な行動パターンを考えて取引するのも1つの手です。このような投資理論、売買技術について、大きく分けると、短期的にその時の変動を考えるトレンド(メカニカル)分...

» 続きを読む

mt4 メタトレーダーとは

mt4 メタトレーダーとはFX取引を行う際に、様々な証券会社のツールを見る機会があると思いますが、特にFXチャートツールとして世界的に見てもっとも使用者の多いであろうものの1つがMetaQuotesSoftware社の開発した無料ツールであるMetaTrader(メタトレーダー)になります。このメタ...

» 続きを読む