FXロスカットについて

ロスカットとは
FXの最大の魅力として、取引業者に証拠金を預け、レバレッジを高く設定する事により、高額な取引が可能になることが挙げられます。

 

それによって、低資金でも大きなリターンを見込める様になる反面、逆に大きな損失を被る事もあり得るのです。

 

ロスカットルールとは、投資家が、そういったある一定の水準以上に損失を被った場合に、損失の拡大を未然に防ぐため、現在保有している対象ポジションを強制的に決済することを指します。

 

損失を強制決済されるロスカットルールは、預け入れした証拠金以上に損失が膨らむ事がなくなるという点で、リスク管理上必要なルールと言えるでしょう。

 

しかし本当に大切な事は、ロスカットになる前に、自分自身でリスクマネジメントをする事です。

 

つまり、損が膨らみそうな気配がある時には、一刻も早くロスカットとなる前に損失を確定させる「損切り」をする事です。
そのためには、「ストップ注文」を使いこなすことが大事です。

 

ロスカットまでの流れ
ロスカットになる前には、まず「マージンコール」が発動されます。

 

マージンコールとは、証拠金に一定の損失が発生した場合、FX会社が顧客に対して知らせる警告で、サッカーでいうところのイエローカード的存在です。

 

現段階ではロスカットにはならないけれど、もう直ぐロスカットが迫っています、というサインですね。

 

担保の残りを示す数字を「証拠金維持率」といいますが、これは各取引業者により異なりますが、マージンコールで「証拠金維持率が既定の割合を下回りました。取引に必要な証拠金の○%は維持してください」と投資家に連絡をして、決められた期日までに口座にお金を振り込んで証拠金の額を増やすか、取引を一部決済することを促します。

 

マージンコールが発生しているにも関わらず、何もせず、さらに損が拡大した場合に初めて「ロスカット」が行なわれる、という流れになっています。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら