1pipsとは

FX取引の差益評価
FX取引では元手の何倍かの資金量を運用して、いわゆるレバレッジをかけての運用になることが多いのですが、そのような取引の場合、運用評価について、単純な金額だけでは逆にわかりにくくなることが多いため、pipsという単位を利用してその差益について評価することが一般的です。

 

例えば、同じ10万円の利益をあげた人でも、元々の運用資金が1000万円だったのか100万円だったのかでそのトレーダーの評価は分かれることになります。

 

さて、この場合、あなたならばどちらの取引の手腕を評価するでしょうか?

 

当然、100万円を元手にしていた後者の取引の方が評価は大きいはずです。
1000万円の運用であれば、10万円はかなり小さな変動でしかありません。

 

このような時、1000万円を元手としていたのであれば1pipsの利益、100万円を元手にしていれば10pipsの利益をあげたと表現されます。

 

早い話が、FXにおいて、差益評価でのpipsの値とはそのトレーダーや取引の儲けた度合いをわかりやすく表現した値となるのです。

 

単位としてみた時のpips
「pips」という言葉の元々の意味は「Percentage In Point」の頭文字で、「ある地点の1/100」ということになります。

 

FXの場合のある地点とは取引の最小単位となりますので、日本円の場合であれば1円の1/100である1銭ですし、ドルの場合であればその下の単位であるセントが最小単位になりますので1セントの1/100が1pipsになります。

 

蛇足かもしれませんが、ドルを対象にして考えた場合には1pips=0.00001ドルとなります。

 

為替取引の場合に「pips」を使う場合は、その相場の変動の量を表す時に使います。
10銭の変動であれば10pipsの変動と呼ぶわけです。

 

しかし、先ほどの例を見て分かる通り、運用資金に対してどの程度の利益が得られたかの評価ですので、単にその細かいお金の話ではないのは分かるはずです。

 

FXの場合には運用資金に対しての利益の割合をpipsで表すことになるため、100万の10pipsであれば、10%の利益ですから10万円となるわけです。

 

このように、使う場面でその意味合いが微妙に変化しますので、その文章や話し手は一体どんな意味で使っているのかを判断しなければ、多くのFX参考書やサイトを眺めても意味がわからずに混乱することになってしまいます。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら