pipsとは 評価の基準は金額ではない

FX初心者の方は「pips」表記と言われても、なんだか紛らわしいと感じるかもしれません。

 

「単純に“円”の方が分かりやすいのに。」
「なんでわざわざそんな面倒くさいことする必要があるの?」

 

そう思った方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、FXの損益に対してpips表記を使う理由について解説していきたいと思います。

 

pipsとは「Percentage in points」の略称です。「pip(ピップ)」をそのまま英語の意味で調べてしまい、「pip = サイコロなどの目」などと解釈している方もいますが、それは間違いです。

 

さて、pipsの正しい意味を理解していただいたところで、本題にはいりましょう。

 

為替差益(差損)を表すときになぜpips表記されているのかというと、「円」で表現してしまうとかえって誤解を招く事が多くなってしまうからです。簡単に言うと、運用資金の違いから単純に利益だけを見て判断するのは危ないからです。

 

例えば、よく商材などではそのパフォーマンスが分かり易いように、「pips」や「利益率」と言った方法で紹介しています。特に、商材は買い手の投資資金が一定では無いため、ばらつきが目立ちます

 

そのため、“投資資金が1000万円の人”と“10万円の人”では投資により利益も損失も違ってきます。それを「円」で表記してしまうと「100万円の利益」と言っても「10万円で100万円の利益」なのか「1000万円で100万円の利益」なのか、読む人によって意味はだいぶ違ってきませんか?

 

そういった誤解を生じさせないためにも、ほとんどの業者がpips表記を使っているのです。

 

要するにpipsは、評価の基準が単純な“金額”ではないということです。

 

最後に、FX商材を扱う業者の中にはpipsを過剰最適化(カーブフィッティング)により水増ししている悪徳なものもあります。購入の際には注意してきちんと見るようにしましょう。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら