為替 売り 買い 意味

そもそも為替の「売り」「買い」ってなんだ?

 

FXでは様々な外国の通貨を取引対象としており、取引する際には、米ドル/円(USD/JPY)やユーロ/円(EUR/JPY)、ユーロ/米ドル(EUR/USD)などの様に取引対象となる通貨ペアを選んで取引します。

 

ここで、具体的にどんな取引になるのかを例にとってその意味について解説していきます。

 

どんな人でもイメージしやすく、わかりやすいのは米ドル/円を買うという取引でしょう。身近な感覚のためにレバレッジは1倍で計算していきます。海外旅行に行くときと帰ってきた時をイメージしてください。

 

もっとも、これはFXなので海外で使わずに帰ってきたのと同じことになります。

 

具体的な計算からイメージをしてみよう
1米ドル=100円とすると1000米ドル買う時には
 1000米ドル × 100円/米ドル = 100000円
という事で10万円が必要になります。

 

米ドルを1,000ドル買い、米ドルが110円に上昇して決済すれば
 1000米ドル × 110円/米ドル = 110000円
となって10000円の利益が出ます。

 

逆に米ドルが90円に下落して決済すれば
 1000米ドル × 90円/米ドル = 90,000円
となって10000円の損失が出ます。

 

多分、ここまではイメージはしやすいのではないでしょうか。

 

では逆に売ることを考えてみましょう。売る場合をイメージするのは少し難しいかもしれません。

 

それは、そもそも手元に米ドルなんてないのですからイメージしにくいのです。
ここでは、「まず米ドルを借りてきて」と考えるとわかりやすくなります。

 

では、先ほどとは逆に、米ドル/円の通貨ペアで売る場合を考えてみます。

 

1米ドル=100円とすると1000米ドル売る時には
 1000米ドル × 100円/米ドル = 100000円
という事で、「売りたいだけの米ドルを借りてくるのに」10万円が必要になります。

 

米ドル/円を1000ドル売り、米ドルが110円に上昇して決済すれば
 100000円 ÷ 110円/米ドル = 909米ドル
となって81米ドル分の損失が出ます。売った時点では1ドル100円でしたから8100円の損失が出ます。

 

逆に米ドルが90円に下落して決済すれば
 100000円 ÷ 90円/米ドル = 1110米ドル
となって110米ドル分利益が出ます。売った時点では1ドル100円でしたから110米ドル×100円/米ドル=11000円の利益が出ます。

 

このように、下落相場で利益を上げられるのが売りの特徴です。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら