ロスカット 執行通知記事一覧

スワップ金利とは

スワップ=交換スワップ金利とは、固定金利と変動金利を変えたレート、もしくはその逆のことを意味します。例えば事業者が固定金利でA銀行からお金を借り入れた場合、将来の金利変動に影響されることはなく、一定した金利の支払い=固定された金利での利払いができます。固定金利でお金を借り入れた後、変動金利が徐々に下...

» 続きを読む

すわっぷ さやどり

スワップ金利サヤ取りとは「スワップ金利サヤ取り」とは、2つのFX業者のスワップ金利差を利益に変える運用法です。スプレッド(2つの商品における金利差・価格差)と同様、スワップ金利もFX業者によって数字が違うため、この金利差を狙ってサヤ取りを行うのです。ポイントとしては、買いポジション用のFX業者はスワ...

» 続きを読む

サヤ取り

「サヤ取り」とは異なる2つの銘柄をペアとして、一つを売りポジション、もう一つを買いポジション、というように売り買いを同時に建て、利益を狙うことをサヤ取りと言います。つまり、常に両建てのポジションをとるということなのです。2銘柄の価格に連動性があれば、長期的には同じように上げ下げします。しかし、片方だ...

» 続きを読む

くりっく株365 メリット

くりっく株365とは東京金融取引所に上場している商品を使い、為替差損益のみを受け渡して決済する取引のことを、くりっく株365と言います。CFD(差金決済取引)と同じ性質で、CFD会社が取り扱っている商品を店頭CFD、取引所が取り扱うCFDをくりっく株365と呼びます。くりっく株365は株価指数先物の...

» 続きを読む

pipsの意味

pipsという単位pipsとは、為替レートが動くときの最小単位のことです。ピップスと読み、ピップ、ポイントと呼ばれることもあります。pipsはpipの複数形で、サイコロの目という意味があります。本来であれば複数の数字を指すときはpipsとなりますが、日本では単数でも1pipsと呼ぶことがあるのです。...

» 続きを読む

1ロット

1ロットという単位FX取引で、為替差益を稼ぎたい!口座開設キャンペーンで稼ぎたい!と思ったら、1Lotや1万通貨というキーワードは最低限必要な知識です。1Lot、1枚、1万通貨という言葉自体の意味は、基本的に全部同じです。FX会社によって呼び方が違う、と捉えていれば問題ありません。同じFX会社の中で...

» 続きを読む

ロスカットとは

ロスカットのルールポジションの評価損がある一定レベルに達した時、さらなる損失の拡大を未然に防ぐために、その対象ポジションを反対売買によって強制的に行う決済のことをロスカットといいます。強制的に行われることもあれば、警告の連絡やメールを送る会社もあります。FXには、株のように「ストップ高」「ストップ安...

» 続きを読む

FX 気をつけること|初心者の方へ向けて

初心者の方へ向けてFX初心者の方が気をつけなければいけないことはいくつかありますが、何よりも資金管理が大切です。ビギナーズラックで適当にやって、勝手しまうと後が大変です。全資金を投球し、何の根拠もないトレードをやることだけは避けましょう。資金管理においては、損切りが資産を守るための大切なテクニックで...

» 続きを読む

プロスペクト理論

心理学者によるノーベル賞受賞ノーベル賞には、心理学賞というものがありません。よって、心理学者がノーベル賞を受けることはほとんどないわけですが、2002年に、カーネマンとトヴァスキーという二人の心理学者が、ノーベル経済学賞を受賞しました。この二人は、経済活動における人間の意思決定に関する理論を提唱して...

» 続きを読む

ロスカット 執行通知

マージンコールFXは、外国為替証拠金取引というとおり、預けたお金が証拠金(担保)として取り扱われます。各FX会社では、口座にある証拠金以上の損失が出ないよう、マージンコール=追証や、ロスカット=強制決済といった、投資家を保護する仕組みがあります。マージンコールは、いわばイエローカードのようなもので、...

» 続きを読む