pipsの意味

pipsという単位
pipsとは、為替レートが動くときの最小単位のことです。ピップスと読み、ピップ、ポイントと呼ばれることもあります。

 

pipsはpipの複数形で、サイコロの目という意味があります。本来であれば複数の数字を指すときはpipsとなりますが、日本では単数でも1pipsと呼ぶことがあるのです。

 

最小単位というと、取引を行う際の最低単位をイメージしやすいと思います。
しかし、pipsは為替レートが動くときの刻み値のことですので、間違えないよう注意しましょう。

 

pipsの代わりに、1ポイント、2ポイント、と呼ぶこともありますが、一般的にはpipsの方がよく使われています。
FXに慣れているトレーダーだと、略して1ピプ、2ピプと呼ぶこともあります。

 

pipsがFXへ与える影響
pipsのわかりやすい例として、米ドル/円の為替レートは、
99.99、100.00、100.01…といったように0.01ずつ動いていきます。この1刻みのことを1pipと呼びます。

 

例えば、2pip上がった、というときは為替レートが100.00から100.02に上がったことを指します。
pipsが指す最小単位は取引する通貨ペアによって異なるため、代表的な通貨ペアの刻み値を見てみましょう。

 

・対円:1pip=1銭
・対NZドル:1pip=0.0001NZドル
・対ドル:1pip=0.0001ドル   
・対ポンド:1pip=0.0001ポンド
・対豪ドル:1pip=0.0001豪ドル
・対スイスフラン:1pip=0.0001スイスフラン

 

対円取引(円と他の通貨を売買する取引)では、pipsを使わずに、1銭、2銭と表現することもあります

 

日本人にとっては、pipsより銭のほうがわかりやすいと思いますが、円が絡まない為替の通貨ペアもごまんとあるので、ぜひpipsを覚えておきましょう。

 

少しややこしくなりますが、pipsは為替取引の損益計算など、為替レート以外の場でも使うことがあります。1pipsの値段を表す時に、1ロットから計算します。この場合は単なる表記方法ですので、pipsにある取引レートの最小単位という認識は関係がなくなります。

 

最後に、pipsはFXで使われる専門用語ですので、直接為替に影響を与えることはありません。

 

しかし、何を表しているのかわからなければ取引ルールを学ぶ時や為替情報を収集するときに支障がでてきますので、きちんと学習しましょう。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら