1ロット

1ロットという単位
FX取引で、為替差益を稼ぎたい!口座開設キャンペーンで稼ぎたい!と思ったら、1Lotや1万通貨というキーワードは最低限必要な知識です。

 

1Lot、1枚、1万通貨という言葉自体の意味は、基本的に全部同じです。FX会社によって呼び方が違う、と捉えていれば問題ありません。同じFX会社の中でもコースによって違う場合もありますので、気を付けてみてみましょう。

 

1Lot=1枚=1万通貨、と覚えればわかりやすいでしょう。

 

1万通貨
わかりやすく理解するために、まずは「1万通貨」で覚えておきましょう。
それでは、例題をあげてご説明致します。

 

例題1
1万通貨とは、米ドル/円で考えると、1米ドル100円と仮定して1ドル×1万倍は1万ドル。1万ドルを円に換算すると、1万ドル×100円で100万円ということになります。1ドルを1万倍にするのは、1万通貨だからです。

 

例題2
米ドル/円で考え、1ドル80円と仮定した場合、1米ドル×1万倍は1万米ドルです。1万ドルを円に換算すると、1万ドル×80円=80万円ということになります。

 

これらの例題は、米ドルを基準としています。
各国で流通しているお金のことを、通貨と呼びます。

 

アメリカは米ドル、日本は円、ニュージーランドはNZドル、スイスならフランが通貨、ということになります。

 

米ドルもアメリカの通貨で、円も日本の通貨ですが、基本的な基準を米ドルにした方がわかりやすいです。FX会社は1万米ドルを1万通貨としているということになります。

 

基本的には1Lot=1枚=1万通貨ですが、FX会社によっては単位や金額が変わることもあるので、注意が必要です。自分の気に入ったFX会社の基準は必ず把握しておきましょう。

 

1万通貨で取引しやすいFX会社の特徴があります。
まず、1万通貨で取引する場合、FX初心者が多いので、取引操作が単純なFX会社がオススメです。

 

また、コストが少ないと負けにくくなるので、スプレッド(FX会社の取引手数料)が安い会社です。もう一つ、FX初心者が好んで利用している会社もよいでしょう。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら