ロスカット 執行通知

マージンコール
FXは、外国為替証拠金取引というとおり、預けたお金が証拠金(担保)として取り扱われます。

 

各FX会社では、口座にある証拠金以上の損失が出ないよう、マージンコール=追証や、ロスカット=強制決済といった、投資家を保護する仕組みがあります。

 

マージンコールは、いわばイエローカードのようなもので、証拠金に一定の損失が発生した場合、FX会社が顧客に対して知らせるものです。

 

今の段階では市場から退場にはならないが、危ないよ、というサインなのです。

 

マージンコールがかかったら、ロスカットの執行が近いということを意味します。マージンコールが発生した場合、決められた期日までに口座にお金を振り込んで証拠金の額を増やすか、取引を一部決済することで、維持率を高めることができます。

 

マージンコールは、FX会社によって「アラーム通知」とも呼ばれています。

 

ロスカット…強制決済
マージンコールが発生しても、何もせず損が拡大した場合にロスカットが行われます。顧客の意思にかかわらず、自動的に決済される、つまり強制的に反対売買されてしまうのです。

 

ロスカットレベルは会社によって異なり、30%、40%、50%、というように、ロスカットレベルを顧客が設定できる会社もあります。

 

例えば、ロスカットレベルを30%以下に設定したとします。
1万米ドルのポジションを持つのに必要な保証金が10万円とすると、純資産評価額が3万円を割り込んだ時点で、強制決済となります。

 

追証や強制ロスカットのルールは、FX会社によって異なります。自分が保有する通貨ポジションの一部を決済し、証拠金の維持率を回復させたとしても、追証の回避を認められず、全部を決済しない限り強制的にロスカットされるような場合もあります。

 

FX会社によっては、マージンコールがなくロスカットだけというところもあるので、ルールをよく確認し、大きな損失を避けるようにしましょう。

 

ロスカットはもちろんの事、マージンコールも発生するまで放置しておくのではなく、逆指注文を出すなど、損失を拡大させないよう心がけましょう。

≫次のページへ進む

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。 高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」 iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。 システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 1位の理由はこちら

取引手数料、口座維持手数料はすべて無料。 24時間取引、携帯取引も可能。 1,000通貨取引から始められるので初心者の方にも人気です!

⇒ 2位の理由はこちら

難しいテクニカル分析がわかる「ぱっと見テクニカル」 過去の12年分チャートの中から、値動きの形状が似ている 時期のチャートを自動で探しだし、未来の動きを予想する 未来予想ツールです。口座を作る価値は充分にあり!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら