クジラエアー

現在のAコース(SoftbankAir)は、
8月5日にクジラエアーに切り替わります。
クジラエアーは自社サービスとなりますので、申し込み→即発送が可能となります。
基本的にSIMだけでも注文いただけますが、15,000円で端末本体を一括購入ができます。
その際はSIMをセットアップした状態で発送させていただきます。

Softbank Airとは

Softbank Airとは

クジラモバイルで取り扱う商品には、SIMカード以外にもSoftbank Airというものがあります。
元々はソフトバンクで取り扱っているものですが、その特徴とは何でしょうか?
また、docomo、au、Softbankの市場性についても解説していきます。

Softbank Airとは?

今や、家の中にはWi-Fi対応機器があふれています。
スマートフォンは言うに及ばず、パソコンやタブレット、ゲーム機、プリンタ、テレビ、カメラなどもWi-Fiを利用することが多くなっています。

 

さらに、最近ではIoTの普及が進み、冷蔵庫や洗濯機、炊飯器などの家電製品にもWi-Fi対応機種が増えており、またWi-Fiを通じて家中のスイッチをコントロールするサービスなども登場しています。

 

もはや、Wi-Fiなんてうちには関係ない、という家はまずないでしょう。
しかし、Wi-Fiを利用したいと思っても、料金が高い、設定が大変そう、よくわからない、という理由から、導入することをためらっている人も少なくありません。
そんな人におすすめなのが、Softbank Airです。

 

Softbank Airは、光回線工事などをしなくても自宅でWi-Fiが使えるようになる、インターネット通信サービスです。
工事が不要なので、必要になった時にはすぐに利用を開始することができます。

 

専用端末を設置することで利用でき、通信速度は下りで最大350Mbpsと高速通信が可能です。
一部のエリアでは最大962Mbpsでの提供と、さらに高速回線となりつつあります。
2種類の周波数を利用した4G方式に加え、4G LTE方式の通信も可能と合計3種類の周波数で利用可能なので、多くの場所で最適な通信ができるでしょう。

 

Softbank Airの端末は、高さ約21cm、奥行きと幅は約9.5cmとなっていて、持ち歩くことは想定しておらず自宅固定での使用を前提としています。
そのため、使用時はコンセントにアダプタを挿して使う形です。

 

Wi-Fiの規格としては、IEEE 802.11a/b/g/n/acに対応しているので、つながらない機器はまずないでしょう。
標準的なスマートフォンやパソコン、テレビ、ゲーム機などのWi-Fi対応機器であれば、このうちのいずれかにはまず対応しています。

 

様々な規格に対応していると聞くと、設定が複雑ではないかと不安に思う人もいるでしょうが、Softbank Airにはその心配もありません。
ただコンセントに挿して、電源を入れるだけで使用できるので、設定は不要なのです。

 

そして何よりもいい点が、通信料の制限がないという点です。
月20GBまで、などの制限がないので、気にせずいくらでも通信できます。
特に、複数のスマートフォンを利用している家庭の場合、各端末の契約データ容量を抑えることにもつながるので、料金の節約もできるでしょう。

 

Softbank Air(準協会員Aコース)

Softbank Airスタート割について

Softbank Airスタート割は、1〜12ヶ月の間は1,080円の割引になります。
4,880円−1,080円=3,800円

Softbank Airを利用する場合、月額利用料は4,880円の定額料金です。

 

初回のみ、開通事務手数料として別途3,000円がかかります。
また、契約は3年縛りとなる点に注意しましょう。

 

Softbank Airとは

準協会員Aコース
※初月のみ別途契約事務手数料3,000円がかかります。SoftBank Airの契約期間は2年間(SoftBank Air の課金開始日の属する月を1カ月目として、24カ月目の末日まで)です。解約の申し出がない場合は、さらに2年間を契約期間として更新します。契約期間満了の月以外で解約した場合、9,500円の解除料が必要です。
※支払回数36回、現金販売価格(割賦販売価格)58,320円(税込)。
※実質月額は、 4,880円/月。

 

対応するエリアは、現在でも多くの地域で利用できるのですが、さらに拡大中です。
基本的にSoftbankの電波が届けば利用できるので、光回線よりも利用できるエリアは広いでしょう。
将来的には、全国どこでも利用できるようにと、拡大は続いていきます。

 

住所変更の手続きも簡単です。
転勤などが多い仕事をしている人は、いちいち工事をして光回線を引いても、またすぐに引っ越しとなって再度工事が必要となるのが面倒だからと、Wi-Fiの利用を諦めていることがあります。

 

Softbank Airの場合は、工事も不要で住所変更も引っ越す前にネット上でほんの数分手続きをするだけで、完了します。
引っ越した当日から利用できるので、面倒がなくていいですよね。

 

もし解約をしたい場合も、電話するだけで簡単に解約が完了できます。

 

最近、新しいテレビに買い換えたらWi-Fi対応だったから興味はあるけど、自宅にWi-Fi環境がないから使っていない、という人も、スマートフォンで毎月データ容量がギリギリ、もしくは足りていないという人も、このSoftbank Airを利用することで問題が解決することも多いでしょう。

 

特に、インターネット回線を引いて無線LANルータをセットしたいけれど、設定が良くわからないという人にとっては、設定をしなくても使えるので非常におすすめです。
また、学生の一人暮らしにもおすすめです。

 

学生が一人暮らしをする場合、光回線がもともと通っている物件出ない場合は自分で工事をして光回線のインターネットを使えるようにすることがあります。
しかし、その場合は設置工事費もかかり、さらに退去する時には撤去工事費もかかるため、実は意外と高額な費用が発生するのです。

 

しかし、Softbank Airであれば工事も不要ですぐに利用でき、不要になったら簡単に解約できます。
わざわざ無線LANルータを別に購入しなくても、そのままスマートフォンでも利用できるという点も便利です。

 

データ通信量が無制限なので、つい使い過ぎてしまうようなことがない、というのもメリットですね。
これからWi-Fiを使えるようにするなら、Softbank Airの利用を考えてみましょう。

 

3大キャリアの市場性

スマートフォンに限らず、Wi-Fiサービスなどもdocomo、au、SoftBankの3大キャリアに目が行く人は多いでしょう。
各社ともそれぞれ、Wi-Fiサービスは展開しています。
では、この3大キャリアの市場性が現在どうなっているのでしょうか?

 

現在、3大キャリアといわれるdocomo、au、Softbankは、それぞれスマートフォンだけではなく、光回線や電気をはじめ様々なサービスを複合的に展開しています。
そのため、スマートフォンだけではなく、グループ全体の売上高を比較してみましょう。

 

平成28年3月期のデータでは、ソフトバンクグループの売上高が9兆円を超えており、次いでNTTドコモが4兆5千億円を超えており、KDDIはNTTドコモにわずかに及ばず4兆5千億円弱となっています。

 

この3社の売上高の合計は、年間で18兆円以上になっています。
つまり、国民1人当たりが毎年このうちのどこかに年間18万円支払っている、ということになるのです。

 

年間18万円ということは、月平均にすると1万5千円です。
これだけの金額が、1人当たりの通信費としてかかっている、ということになるのです。
この金額は、高いと思いますか?
それとも、安いと思いますか?

 

クジラモバイルでSIMカードとSoftbank Airを契約した場合、SIMカードの月額利用料は毎月税別で5,400円です。
クジラモバイルは、通話料が24時間かけ放題で定額なので、どれだけ通話してもこの金額です。

 

また、通信データ容量は20GBなので、この要領で不足するという人はあまりいないでしょう。
ただし、最近では動画配信サービスなども充実しているため、頻繁に動画を見ているという人の中には20GBでも足りない、という人もいるかもしれません。

 

その場合、Softbank Airを利用しましょう。
自宅ではWi-Fiで利用し、外出時のみ回線のデータ通信を利用すれば、端末のデータ通信使用料はかなり抑えられるでしょう。

 

さらに、Softbank Airを利用することで、自宅内で使っている光回線なども必要なくなります。
光回線は最大で1Gbps、Softbank Airは最大速度が350Mbpsという違いはあるものの、実際にそのスペック通りの速度が出る回線というのは存在しないので、大体の場合は誤差程度の違いしか出ないでしょう。

 

この2つを利用しても、毎月の使用料は5,400円+4,880円=10,280円にしかなりません。
実に、3大キャリアを使用している場合と比較して30%ものコストダウンになるのです。

 

通信料を安く抑えたいなら、クジラモバイルとSoftbank Airの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

工事が不要で自宅にWi-Fi環境を設置できるSoftbank Airは、全国的に対応エリアが広がっています。
設定不要で利用できるので、あまりWi-Fiには詳しくないという人でも安心して利用できます。
クジラモバイルのSIMカードと同時に利用することで、通信料もかなりの節約が見込めるでしょう。
一度、どのくらいお得になるのか計算してみてください。
きっと魅力を感じることでしょう。